ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > グローバル 

目のつけどころ

 
ジェトロ中小企業等外国出願支援事業(6/24~7/29)07/15 08:35
〇募集中です。
ものづくり匠と技の祭典(5)07/10 00:28
「ロボット化石製作」体験 ロボ化石について、化石とロボットを見ながら、構造の秘密を比較解説します。ロボ化石と同じ構造のペーパークラフトを作って、ものづくりにつながる構造を考えます。 希望者にはロボ化石の操縦体験もできます。 ワークショ...
ものづくり匠と技の祭典(4)07/09 00:18
「ゴム鉄砲製作」体験 ゴムの張力の原理を簡単に学習しながらゴム鉄砲の製作を体験できます。
ものづくり匠と技の祭典(3)07/08 00:23
「カヌーVR」体験 VRで本物のカヌーに乗っているような体験が可能です。
ものづくり匠と技の祭典(2)07/07 00:16
「ミニアーチェリーづくり」体験 バネの弾性エネルギーの原理を簡単に学習しながらミニアーチェリーの製作を体験できます。

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

お知らせ

グローバル情報を発信させて頂きます。
現在、海外関連で情報交換をさせていただいております機関・企業様等から頂きました情報を掲載させて頂きます。
海外とのビジネスに関連して、参考にしていただければ幸いです。
問合せ等ございましたら、直接、もしくは、当サイトの「お問い合せ」をご利用頂ければ、対応させて頂きます。
 

グローバル情報

グローバル情報
2018/05/01

スリランカ等の技能実習の認定送出機関が発表

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
日本スリランカ経済研究会酒井会長が収集する記事をご融通頂き 
ました。 

ベトナム・ラオス等の技能実習の認定送出機関が発表2018年4月5日 

法務省と厚生労働省が所管する認可法人である外国人技能実習 
機構は、ベトナム・ラオス・バングラデシュの認定送出機関を 
発表した。 

日本政府では、日本で培われた技能・技術・知識等を開発途 
上地域等へ移転を行いこの地域の経済発展を支援する事等を 
目的として、『技能実習制度』を創設している。この技能実習 
制度が適正に実施され適切に保護されるように新たに法律を 
制定した事により、外国人技能実習機構が2017年1月25日に 
設立されていた。 

日本政府では、各国政府との間において二国間で技能実習制 
度における協議を進めた結果、ベトナム・カンボジア・インド・ 
フィリピン・ラオス・モンゴル・バングラデシュ・スリランカ 
政府との間において、それぞれ協力覚書を締結していた。 

この協力覚書に基づき、ベトナム・ラオス・バングラデシュの 
認定送出機関があらたに発表された。フィリピンの認定送出機 
関は4月、モンゴルとスリランカの認定送出機関は7月に、それぞ 
れ発表される予定である。 

なお、両国間の取り決めでは、8月以降(国によって異なる)から 
は、認定送出機関以外からの技能実習生の受け入れは認め 
られなくなるので注意が必要となる。 

[ 20180405スリランカ等の技能実習の認定送出機関が発表.pdf ] 
は以下のURLでダウンロード可能です 
http://firestorage.jp/download/0d76605e8ed293028aeb4d60aaaaab304305c268 

記事には著作権があります。そこであくまで当MMに登録させて頂いた 
皆様だけが閲覧出来る様に、記事のファイルは個別にStorage(保存) 
し、DL・URLをご案内します。 

ご興味がある記事があれば個別にDLなさって下さい。記事の保存期間は 
特に定めてはいません。本MMを受診なさった際にご覧にならなかった記 
事でも、後で読みたくなったり、DLしたファイルを無くしても上記URL 
から再びDLが出来ます。 

以上、ご報告致します。 


日本スリランカ経済研究会MMシステム担当 
藤川蔵人 

************************************************************** 
日本スリランカ経済研究会Mail Magazine ; 
japan-srilanka@mm.wakyomall.net 
Japan-Srilanka Mailing System supported by Wakyo Network 
配信されたMailに返信しても投稿は出来ませんのでご注意下さい。 
当Mail Magazineによる配信をご希望の場合、お問い合わせや登録Mail 
アドレスの変更や登録解除依頼は admin@wakyo.net宛にご連絡下さい。 
************************************************************** 


04:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 東南アジア

カウンタ

COUNTER49484

コラム

 
知的資本主義の時代(8)②07/17 07:00
ハイコスト先進国企業が知の力を資本とする経営戦略には次の(1)~(5)のマーケッティング戦略によるビジネス・モデル構築が考えられる。 (1)必需品又は便益品をローコスト途上国で生産し、ハイコスト先進国市場防禦 (2)必需品または便益品...
失敗する経営者の共通点 9つ07/17 06:00
投資信託の魅力(2)07/16 06:19
投資信託の魅力(2) 投資信託は多くの金融商品の中で最も優れていると思っています。その主なポイントは、 ①基準価額(時価)が毎日公表されていること(制度化されている) ②年1回以上決算があり運用内容が個別に送られてくること(制度化され...
21世紀の新しい大学を電通大から!(2)07/15 07:00
大学の機能と性能が問われている 大学の使命が、「知の場」としてのインフラであるべきことは、大学人はもちろん、社会共通の認識であることは前述した通りです。問題は、使命を果たすべき機能が十分に備わっているかどうかが問われているので す。さ...
目のつけどころの鍛え方(5)07/14 05:00
目のつけどころを鍛えるには、「違和感を根に持つ」といい。 そうするには「言葉に敏感になる」といいと前回つたえた。 くわえてひとつ大事なことがある。 それは「調べない」ということだ。 なーんだ、そんなことかと思った人のなかに こ...
8.実物を見る:千現地区見学07/12 07:00
 これは、千現地区の研究所。千現では、金属材料を、原料から溶解、加工して試験片を作成し、分析し、組織を観察し、性質を測定する、という一連の工程が整備されています。もちろん金属以外の材料も全て取り扱っています。皆さんは、材料以外の問題解...
知的資本主義の時代(8)➀07/10 07:00
今回は、第三次産業化とく時代の流れがテーマである。経済の発展段階を大雑把に見ると、(1)圧倒的に第一次産業中心の農業社会、(2)ロストウの言うtake-offの産業革命がもたらす第二次産業躍進の時代、そして(3)衣食住の量的充足が達成...
「人脈の達人と考える自分の人脈」07/10 06:00
「第一次ベンチャーブームの時代を支えてこられた方々」  日本において、1970年代は第一次ベンチャーブームの時代といわれています。  その時代にベンチャーの旗手としてその中心で活躍された経営者の方、また、そのベンチャーを金融の面で支...
投資信託の魅力(1)07/09 06:16
投資信託の魅力 手元のお金をいくらかでも有利に運用したい。あまり危ない事はしたくないが、ただ置いておくだけでなく、薄利な預金では物足りないし、日常の繰り返しの中で活かせる資産運用をしたい。その様な考えをお持ちなら、その有力な手段とし...
21世紀の新しい大学を電通大から!(1)07/08 07:00
戦後の学制の大変革で、中央無線講習所から電気通信大学へ 昇格して半世紀余が経ちました。そして今、国立大学は、戦後最大の変革の岐路に立っています。独立法人化については、松澤先生が分かり易く解説してくださっています。私は、この流れの中で、...
目のつけどころの鍛え方(4)07/07 05:00
  流れゆく情報の海の中でふと立ち止まり考える。 こんな癖をつけるには、自分のなかに生まれた違和感を 根にもつといい、という話を前回した。 「あれっ?」を増やすのにひとつお薦めの方法がある。 言葉に敏感になることだ。 朝起...
7.実物を見る:並木地区見学07/05 07:00
 これは、並木地区の研究所。並木では、様々な材料を取り扱っています。新しい材料の研究をしていますが、重要なことは、その作り方です。作っているところを見学することができます。また材料の分析や観察を行ったり、性質を調べたりしています。皆さ...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示