ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
3月1日(日)テレビ朝日サンデーLIVE!!で国産アチ...02/28 16:01
3月1日(日)朝5:50から放送のテレビ朝日:サンデーLIVE!!「東京応援宣言」で、株式会社西川精機製作所が開発をしてまいりました国産アーチェリーが放送されました。 サンデーLIVE!! 東京応援宣言 3月1日(日)あさの #TOK...
NPO法人uecサポート02/26 06:00
NPO法人uecサポート uecサポートは、プログラミング教育・STEAM教育・サイエンスコミュニケーション事業を通して広く一般市民の 論理的・創造的思考力の普及に寄与する法人です。 組織概要 - NPO法人 uecサポート
一般財団法人ワンアース02/26 06:00
一般財団法人ワンアース 設立主旨 宇宙的視点から、 この星の、いのちの美しさを体感し、 ひとつの星で共生するという 新しい価値観に基づいた文化交流で、 世界を一つに繋いでゆきます 千葉でも、苗木が植えられます。
東京シニアビジネスグランプリ02/24 21:42
〇東京シニアビジネスグランプリ ファイナル 3月15日(日)開催 〇フォレマー合同会社  ファイナリストに選出されました。
(2/7)放映の日経プラス10|で、アーチェリーが取上...02/07 17:18
「日経プラス10|BSテレ東 - テレビ東京」において、 「『スポーツプラス』アーチェリー選手支える匠の技とは」のテーマで、放送されました。「プロジェクト桜」も取上げられました。

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER52976

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
【月曜日】「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
【火曜日】「金」:元みずほ投信投資顧問磯(株)磯上 壮太郎様
【水曜日】「産」:元京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
    元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様(終了)
【木曜日】「金」:元新日本証券(株)知久 信義 様(終了)
【金曜日】「学」:元国立研究開発法人物質・材料研究機構 
博士(学術) 原 龍雄 様
【土曜日】「碁」:株式会社 石音 代表取締役、一般社団法人 全日本囲碁協会 理事 根本 明様(終了)

 
ご質問、ご紹介等を希望される場合、以下よりお問い合せください。

 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2019/11/04

学長(現 学長顧問)に聞く(4)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

Q:これまでは大学をどちらかというとか外らの視点でお話いただきましたが、大学は部内に大きな組織を持っています。法人化の波見に舞われていくなかで、大学内部の教職員へはどのような期待をお持ちですか?

A:大学は、教職員と学生と卒業生、それに本学と連携する社会との連合体です。その中でも教職員(教員と事務職員等)の役割と責任が大きいことは言うまでもありません。これからの大学は変わるのだということを前提に、職教員自らも変わる勇気を持ってほしいのです。全てを前向きにとらえ、柔軟な発想で行動し、失敗を恐れず、しかし失敗を活かすことが、人を育て、新しい知の創造に挑戦する姿勢にも通ずることではないでしょうか。

 

Q:電気通信大学として独自に抱える問点題もあると思いますが、どう解決すればよいと考えていらっしゃいますか?

A:現在の本学は、いろいろな面で恵まれていて、将来への危機感が希薄なことが最大の問題点だということに気がついてほしいと思いまいす。悪くなってからでは遅いのです。いいときに、次の変化、飛躍への準備をしておかねばなりません。ぜひ、若い人に、積極的に新しい展開を模索してほしいと思います。大学もそのための環境作りに努力します。

 

Q:法人化への変革の波は他大学ではどのように受け止められているのでしょかう?

A:学長の立場からは、他大学の動きは気になるところです。他の社会現象と同様に、大学も今までのような右肩上がりの成長路線は終わりました。国公私立を問わず、厳しい競争と選別にさらされています。国立大学の法人化への動きに代表されるように、大学改革の波を受けた危機感から、さまざまな改革が積極的に試みられています。表面的には、本学は出遅れているように見えます。しかし、本学は地味に見えても着実に改革の方向に向かっています。ウサギと亀の話の亀でありたいと思っています。


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年

カウンタ

COUNTER270315

コラム

 
機器分析センター棟の完成を祝して04/06 00:00
このたび、機器分析センター棟が完成したことを心からお慶び申し上げ、岩崎センター長をはじめ関係者の皆様のこれまでのご苦労に対して敬意と感謝を申し上げます。 機器分析センターは、学内共同教育研究施設として 1 9 9 4年6月に設置されて...
電気通信大学の特徴をベンチャーに生かそう03/30 00:00
「ベンチャービジネス」を冠した研究施設が大学に設置されたことは、21世紀を間近かにして、日本の大学が大きな変革に踏み出した象徴的な出来事でした。大学と産業界がもっと歩みよらねば、大学の研究をもっと企業化に結びつけねば、日本の新しい産業...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示