ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
FOREMAR試聴スペース・オープン06/10 05:59
6月より、市ヶ谷のPEACEisGalleryにて、試聴スペースをオープンいたしました。 試聴日時 金曜日:17:00~22:00土曜日/日曜日:13:00~20:00※この時間帯はご自由にお越しください。〇PEACEisGaller...
■SHUKNOVAホームページ 06/09 05:50
■SHUKNOVAホームページ 2FのMIHARASHI TERRACEには、こだわりの屋外家具や、3Dプリンターで一体成型した次世代スピーカー「FOREMAR」※を設置し、寛ぎの空間を演出しております。 ※FOREMARは、アモ...
新宿中央公園交流拠点施設「SHUKUNOVA(シュクノバ)」06/08 05:44
新宿中央公園交流拠点施設「SHUKNOVA(シュクノバ)」が、 新たに整備された芝生広場と共に、2020年7月16日(木)に開業します! 詳細についてはこちらをクリック!
続化給付金の申請要領(速報版)の公開について04/28 20:30
=============================== 1.持続化給付金の申請要領(速報版)が公表されました =============================== 持続化給付金の申請要領等の速報版が経済産業省HPで公...
3月1日(日)テレビ朝日サンデーLIVE!!で国産アチ...02/28 16:01
3月1日(日)朝5:50から放送のテレビ朝日:サンデーLIVE!!「東京応援宣言」で、株式会社西川精機製作所が開発をしてまいりました国産アーチェリーが放送されました。 サンデーLIVE!! 東京応援宣言 3月1日(日)あさの #TOK...

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER67516

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
【月曜日】「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
【火曜日】「金」:元みずほ投信投資顧問磯(株)磯上 壮太郎様
【水曜日】「産」:元京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
    元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様(終了)
【木曜日】「金」:元新日本証券(株)知久 信義 様(終了)
【金曜日】「学」:元国立研究開発法人物質・材料研究機構 
博士(学術) 原 龍雄 様
【土曜日】「碁」:株式会社 石音 代表取締役、一般社団法人 全日本囲碁協会 理事 根本 明様(終了)

 
ご質問、ご紹介等を希望される場合、以下よりお問い合せください。

 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2019/08/13

投資対象の主な特長を知ろう(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

投資対象の主な特長を知ろう(2

債券は100円(元本)を基準に定期的に利息が付くイメージです。定期預金のイメージですが、債券はいろいろな種類があり、どうしても金利がやや高めのものに着目することになります。一般的に金利が高めになれば、リスクも高まることになります。その目安として格付けがあります。それ等の情報を活用し、有力な債券を見出すことが専門家(運用する委託会社)の腕になります。出来るだけリスクを小さくする組み合わせを検討したり、買い方を工夫したりします。債券の場合、預金と違い流通の過程(5年満期の債券ならば、その5年間に売買されます。)で元本部分が変動し、100円を割り込むことがあります。そこは基本的に知っておく必要があります。

リートですが、簡単に言えばそれ自体不動産投資信託証券と言う投資信託です。しかし、ここで話題にしている投資信託と違い、株式のように取引所で売買される投資信託です。また、不動産のみを投資対象としていることで独特の動きをします。順調に行って入る時は、預金などよりは高い金利が期待できる商品ですが、不動産そのものの動向に伴って株式のような大きな変動をする場合もあります。不動産の市場動向が大きな判断材料になります。また、金利も大きく影響します。

為替ですが、基本的に成長はありません。循環しているイメージですが、水準が変わると言った局面があります。(ユーロはスタート時点から、短期間で1.5倍になった時期がありました。)一国対一国の関係(多くは日本とある国)ですので、その事情は様々です。短期間での変動幅は時として株式や債券より大きくなることがあり、十分注意が必要です。成長が無いと言う観点からすればうなずけますが、為替だけを投資対象にするファンドは殆どありません。投資信託の多くは長期の運用を目指しています。従って為替は馴染まないのですが、多くの投資信託は株式、債券やリートとの組み合わせで活用されます。最近は通貨選択型ファンドのようなより踏み込んだ商品があります。為替取引の原理を利用した投資方法ですが、よりリスクが高まる場合もあり、(後述します)十分注意が必要です。

ここまでぼんやりではありますが、投資信託の運用がどのようなものを投資対象として、どのような観点で投資成果を上げようとしているか、お分かり頂けましたでしょうか。まだ十分とは言えませんが、徐々に固めて行きたいと思います。


06:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 投資信託の実践活用

カウンタ

COUNTER334798

コラム

 
表示すべき新着情報はありません。

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示