ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > 目のつけどころ 

目のつけどころ

 
「2019東京都中小企業知的財産シンポジウム」(12・11)11/16 10:20
「2019東京都中小企業知的財産シンポジウム」  本シンポジウムでは、知的財産と「稼ぐ力」に注目し、マーケティング活動へ  知的財産を活用する手法や、知的財産を経営に活かして成長した企業の 事例と、金融機関による知的財産への見方等をご...
株式会社システムブレイン11/06 23:31
皇居で施工実績、 ――物件価値を高める洗浄&コーティング(ナノメンテSB工法) 不動産投資&マネジメントフォーラム2019 へ、出展されています。
フィボナッチからフラクタルへ10/28 23:20
工業デザイン@コンシェルジュ 工業デザイン&デザインコンサルタント・野口英明のブログ。製品は企業からのメッセージ、製品を通じてユーザーに語りかける、売れる製品とは?数々の経験から企業活性化の糸口を探ります。 フィボナッチからフラクタルへ
写真の早慶戦(10/17-10/23)10/05 20:49
良きライバルの早稲田大学写真部と慶應義塾大学カメラクラブのOB・OGが写した14回目の写真展「伝統の早稲田力と若き血の慶應力」写真の腕で「早慶戦」を闘う120点の力作を展示
RICOH Future House09/24 05:39
RICOH Future Houseはみなさんと協力しながら明るい未来に向かうためのアイデアをひらめき、海老名から新たなモノ・コトを作り出していくための施設です。 【施設のご紹介です】

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER41866

目のつけどころ

大量に流れる情報の中でふと立ち止まり考える癖をつけると「目のつけどころ」が鍛えられます。そんな観点からご紹介しています。

お問い合せ、ご紹介等のご希望がございましたら、以下にお問い合せください。
 

目のつけどころ

目のつけどころ >> 記事詳細

2019/08/08

川崎市のナノ・マイクロ技術支援講座【第5回ナノ茶論】(9/12)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
【第5回ナノ茶論】 
 2019年9月12日(木)15:30~17:00 
 @新川崎・創造のもり「AIRBIC」1階 会議室1 
※14:30~ご希望の方にNANOBIC設備見学会を行います。 
申込⇒こちら
(発表者) 
慶應義塾大学理工学部応用科学科 緒明 佑哉 准教授 

(発表テーマ) 
実験化学者がマテリアルズインフォマティクス(MI)を活用できるか? 

(紹介文) 
 MIとビッグデータを活用した材料の研究開発は、計算科学や情報科学に 
近い研究者を中心に盛んに行われ、産官学にわたり多くの成功事例が 
報告されるようになりました。近年、実際の物質・材料を合成でき、 
自前のデータや経験と勘を持った実験科(化)学者が、 
いかにMIを活用できるかが課題になっています。 
本講演では、実験化学者である緒明准教授の研究グループで行った、 
MIとスモールデータの効果的活用に関する研究事例について、 
ナノシート材料の収率や高分子材料の電気化学特性を向上させた 
事例を中心に紹介します。

04:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 産学官連携

カウンタ

COUNTER180114

コラム

 
平成13年度学部入学式告辞より②(2 0 0 1年4月6日)12/09 00:00
このような私の経験を持ち出すまでもなく、皆さんのような生まれながらにしてテレビで育った映像型人類に、このように演壇からことばのみを発しても、皆さんにいかほどの刺激を与え得るのか?大いなる疑問を抱いたのであります。 そこで、学長告辞を、...
30.チッ素ステンレス12/06 07:00
 ニムスでは、空気中のチッ素を入れたステンレス鋼を開発しました。18-8ステンレスのニッケル成分は、地球で資源が少ないので、元素戦略の一環として、ニッケルをチッ素で置換すると、チタン並みの耐食金属ができました。しかし誰も作ってくれる人...
平成13年度学部入学式告辞より①(2 0 0 1年4月6日)12/02 00:00
皆さん、おはようございます。 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 ご家族の皆さまには、さぞほっとしておられることでしょう。会場の都合で、テレヒ画面越しになり、恐縮ですが、心からお祝いを申し上げます。 電気通信大学にあこがれて...
29.異なる金属の腐食11/29 07:00
 ニムスでは、腐食の技術相談が沢山来ます。今回は、異なる金属を引っ付けた時に、片方の金属が、激しく腐食したという事例です。皆さんの製品や、工場機械などで、異なる金属を、混ぜて使っている箇所は、沢山あると思います。再度、見直しをしてはい...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示