ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > 提供サービス 

目のつけどころ

 
(株)西川精機製作所様がめざましテレビの取材を受けました01/16 04:30
フジテレビ:めざましテレビ 株式会社西川精機製作所さまが、めざましテレビの取材を受け、2020年1月16日(木)【イノ調】東京オリンピック・パラリンピックを陰から支えるスゴ腕職人を調査のコーナーで放送されます。 2020.1.16....
20200114|㈱エイプリル|問診ナビ|介護分野向け...01/15 00:29
===============================================     運営会社:株式会社エイプリル・データ・デザインズ   〒155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-6-701     TEL ...
「2019東京都中小企業知的財産シンポジウム」(12・11)11/16 10:20
「2019東京都中小企業知的財産シンポジウム」  本シンポジウムでは、知的財産と「稼ぐ力」に注目し、マーケティング活動へ  知的財産を活用する手法や、知的財産を経営に活かして成長した企業の 事例と、金融機関による知的財産への見方等をご...
株式会社システムブレイン11/06 23:31
皇居で施工実績、 ――物件価値を高める洗浄&コーティング(ナノメンテSB工法) 不動産投資&マネジメントフォーラム2019 へ、出展されています。
フィボナッチからフラクタルへ10/28 23:20
工業デザイン@コンシェルジュ 工業デザイン&デザインコンサルタント・野口英明のブログ。製品は企業からのメッセージ、製品を通じてユーザーに語りかける、売れる製品とは?数々の経験から企業活性化の糸口を探ります。 フィボナッチからフラクタルへ

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER486

会員登録について

 コミュニケーション「場」Ⓡでは、産金学官士連携を通して、ビジネスの発展へしっかりと繋げていくことを目指しています。
 その主旨をご理解いただき、さらに「規約について」をご確認のうえ、登録手続をお願いいたします。
 会員登録は、無料です。
 
新規登録はこちらから
 

ポータルサイト構築に際して

 コミュニケーション「場」Ⓡ国立情報学研究所の社会・公共貢献活動の一環に位置づけられた次世代情報共有基盤に関する研究開発プロジェクトから生まれた次世代情報共有基盤NetCommons(ネットコモンズ)を利用してシステム構築をしています。
 NetCommonsはCMS(Contents Management System)とLMS(Learning Management System)とグループウェアを統合したコミュニティウェアです。
 公的機関・学校等で広く活用されており、セキュリティについて十分に配慮されたソフトウェアです。
 NetCommonsプロジェクト公式サイト:http://www.netcommons.org/
 

サイト内のコミュニケーションについて

 コミュニケーション「場」Ⓡは、「公開の『場』と「ルーム(グループウェアソフト)で構成しています。
1.公開の「場」
 産金学官士連携活動に関連する全ての方が自由に閲覧することができる「場」です。
 「目のつけどころ」「イベント情報」「コラム」「Pitch CommunicationⓇ」
「関係機関等の紹介」・セミナー開催等の情報を提供させていただきます。
2.「V-ミーティングルーム(グループウェアソフト)」
 具体的にプロジェクトを立ち上げる際に、複数機関の情報共有を図り、進行管理
 をスムーズに推進するため、グループウェアソフトを提供いたします。
3..「V・インキュベーション・ルーム(グループウェアソフト)」
 事業の立上げを検討されている方、もしくは、すでに事業を開始された方を対象
 に、ホームページとグループウエアソフトを組み合わせた事業展開上最低限必要な
 情報発信・情報共有サービスを提供いたします。
 さらに、「支援ルーム」では、創業支援に関係する士業の先生方等とのマッチング
 の「場」を提供させていただきます。
 

「ルーム(グループウェアソフト)」の利用について【有料】

 「V-ミーティングルーム」・「V・インキュベーション・ルーム」は、複数の機関の特定のメンバーを限定して、スケジュール管理、掲示板、情報交換・キャビネット(ドキュメント保管:5年間)等、プロジェクト推進・事業運営に必要なツールをワンセットでご提供いただけます。
 

WEB展示会「バーチャルツアー」について【有料】

 展示会を一過性のモノに終わらせないために、「バーチャルツアー」のサービスを提供いたします。
 東京での展示会開催と「バーチャルツアー」の活用による相乗効果でその後の問合せ等を対応を継続的に推進することができます。
 地元開催の展示会の臨場感をで広く発信することも可能です。
 常設の展示室、大学等研究機関の研究室の紹介にも活用いただけます。
 検査機関等の検査機器を紹介することで利用者促進にも最適です。

           お問い合わせ
 

カウンタ

COUNTER213169

コラム

 
37.特殊な電子顕微鏡01/17 07:00
 原子のサイズまで高倍率で試料を観察するためには電子顕微鏡が必要ですが、試料を真空室へ入れないといけません。そこで現実の状況下で観察できる装置があります。まず試料の温度を変えながら観察できます。試料へ電圧をかけたり光をあてながらの観察...
80周年記念会館竣工記念式挨拶より①(2000年10月...01/13 00:00
皆様、おはようございます。 本日はご多忙のところ、またあやしい天候の中を、電気通信大学創立80周年記念会館竣工記念式典へご臨席賜り、ありがとうございます。 本日このように本館を開くことができましたのも、ここにご臨席の皆様の暖かいご支援...
36.困ったことを相談する01/10 07:00
 材料に関する研究者は、いつもどういうことをしているのでしょうか。学会では世界で初めての研究テーマの追求、また競争資金を獲得するための研究計画の立案です。これらは秘密なことで発言できません。しかしその専門分野における永年の経験で、その...
平成13年度学部入学式告辞より⑥(2 0 0 1年4月6日)01/06 00:00
 勉強だけではありません。社会に出てからさまざまな仕事をするときにも、どんなつまらんと思える仕事でも、楽しくしてしまう人は、いい仕事ができますし、周りの人から好かれ、結局自分が本当にやりたい仕事が向こうからやってくるようになるものです...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示