ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > 提供サービス 

目のつけどころ

 
「2019東京都中小企業知的財産シンポジウム」(12・11)11/16 10:20
「2019東京都中小企業知的財産シンポジウム」  本シンポジウムでは、知的財産と「稼ぐ力」に注目し、マーケティング活動へ  知的財産を活用する手法や、知的財産を経営に活かして成長した企業の 事例と、金融機関による知的財産への見方等をご...
株式会社システムブレイン11/06 23:31
皇居で施工実績、 ――物件価値を高める洗浄&コーティング(ナノメンテSB工法) 不動産投資&マネジメントフォーラム2019 へ、出展されています。
フィボナッチからフラクタルへ10/28 23:20
工業デザイン@コンシェルジュ 工業デザイン&デザインコンサルタント・野口英明のブログ。製品は企業からのメッセージ、製品を通じてユーザーに語りかける、売れる製品とは?数々の経験から企業活性化の糸口を探ります。 フィボナッチからフラクタルへ
写真の早慶戦(10/17-10/23)10/05 20:49
良きライバルの早稲田大学写真部と慶應義塾大学カメラクラブのOB・OGが写した14回目の写真展「伝統の早稲田力と若き血の慶應力」写真の腕で「早慶戦」を闘う120点の力作を展示
RICOH Future House09/24 05:39
RICOH Future Houseはみなさんと協力しながら明るい未来に向かうためのアイデアをひらめき、海老名から新たなモノ・コトを作り出していくための施設です。 【施設のご紹介です】

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER392

会員登録について

 コミュニケーション「場」Ⓡでは、産金学官士連携を通して、ビジネスの発展へしっかりと繋げていくことを目指しています。
 その主旨をご理解いただき、さらに「規約について」をご確認のうえ、登録手続をお願いいたします。
 会員登録は、無料です。
 
新規登録はこちらから
 

ポータルサイト構築に際して

 コミュニケーション「場」Ⓡ国立情報学研究所の社会・公共貢献活動の一環に位置づけられた次世代情報共有基盤に関する研究開発プロジェクトから生まれた次世代情報共有基盤NetCommons(ネットコモンズ)を利用してシステム構築をしています。
 NetCommonsはCMS(Contents Management System)とLMS(Learning Management System)とグループウェアを統合したコミュニティウェアです。
 公的機関・学校等で広く活用されており、セキュリティについて十分に配慮されたソフトウェアです。
 NetCommonsプロジェクト公式サイト:http://www.netcommons.org/
 

サイト内のコミュニケーションについて

 コミュニケーション「場」Ⓡは、「公開の『場』と「ルーム(グループウェアソフト)で構成しています。
1.公開の「場」
 産金学官士連携活動に関連する全ての方が自由に閲覧することができる「場」です。
 「目のつけどころ」「イベント情報」「コラム」「Pitch CommunicationⓇ」
「関係機関等の紹介」・セミナー開催等の情報を提供させていただきます。
2.「V-ミーティングルーム(グループウェアソフト)」
 具体的にプロジェクトを立ち上げる際に、複数機関の情報共有を図り、進行管理
 をスムーズに推進するため、グループウェアソフトを提供いたします。
3..「V・インキュベーション・ルーム(グループウェアソフト)」
 事業の立上げを検討されている方、もしくは、すでに事業を開始された方を対象
 に、ホームページとグループウエアソフトを組み合わせた事業展開上最低限必要な
 情報発信・情報共有サービスを提供いたします。
 さらに、「支援ルーム」では、創業支援に関係する士業の先生方等とのマッチング
 の「場」を提供させていただきます。
 

「ルーム(グループウェアソフト)」の利用について【有料】

 「V-ミーティングルーム」・「V・インキュベーション・ルーム」は、複数の機関の特定のメンバーを限定して、スケジュール管理、掲示板、情報交換・キャビネット(ドキュメント保管:5年間)等、プロジェクト推進・事業運営に必要なツールをワンセットでご提供いただけます。
 

WEB展示会「バーチャルツアー」について【有料】

 展示会を一過性のモノに終わらせないために、「バーチャルツアー」のサービスを提供いたします。
 東京での展示会開催と「バーチャルツアー」の活用による相乗効果でその後の問合せ等を対応を継続的に推進することができます。
 地元開催の展示会の臨場感をで広く発信することも可能です。
 常設の展示室、大学等研究機関の研究室の紹介にも活用いただけます。
 検査機関等の検査機器を紹介することで利用者促進にも最適です。

           お問い合わせ
 

カウンタ

COUNTER161713

コラム

 
学長(現 学長顧問)に聞く(6) 11/18 00:00
Q:電気通信大学が現在試みている e­Campus構想は、お話に出てきた「高度コミュニケーション社会」への貢献を目指す大学の一つの象徴とも取れますが・・ A:電気通信大学は、「高度コミュニケーション 社会」に貢献することを使命とする...
27設備利用ワンストップサービス11/15 07:00
突然ですが、TIA共用施設MG活動で、各研究機関で協力し、皆様の設備利用のワンストップサービスを行っています。ニムスにない装置は、よその機関へ連結し窓口一つで対応します。全装置の目的別一覧表などは、こちらへアクセスして下さい。  ht...
個別元本を理解しよう(1)11/12 00:00
個別元本を理解しよう(1) 少し難しい話です。一般的に投資信託の多くは追加型であり(他に単位型があります。)、原則何時買うことも、何時売ることもできます。ファンドのスタート時点では、1口1円(=1万口当たり1万円)だったものが、日々相...
学長(学 長顧問)に聞く(5) 11/11 00:00
電気通信大学は社会とどう関わるか Q:これまでのお話を伺っていると、大学の運営をしてゆく上で大学トップが社会状況をどう判断しているのかが、ますます問われる時代になっているようですね。それに関して、梶谷学長は現在の社会状況をどうこら...
26.こんな分析ができる11/08 07:00
 身近なもので、分析を説明しましょう。皆さんがよく見るコンピューターなどの配線。写真と重ね合わせてみるとわかります。サンプルを持参すれば結果を図解してくれます。例えば20センチ×10センチとか結構大きなサンプルでも可能です。

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示