ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
(株)西川精機製作所様がめざましテレビの取材を受けました01/16 04:30
フジテレビ:めざましテレビ 株式会社西川精機製作所さまが、めざましテレビの取材を受け、2020年1月16日(木)【イノ調】東京オリンピック・パラリンピックを陰から支えるスゴ腕職人を調査のコーナーで放送されます。 2020.1.16....
20200114|㈱エイプリル|問診ナビ|介護分野向け...01/15 00:29
===============================================     運営会社:株式会社エイプリル・データ・デザインズ   〒155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-6-701     TEL ...
「2019東京都中小企業知的財産シンポジウム」(12・11)11/16 10:20
「2019東京都中小企業知的財産シンポジウム」  本シンポジウムでは、知的財産と「稼ぐ力」に注目し、マーケティング活動へ  知的財産を活用する手法や、知的財産を経営に活かして成長した企業の 事例と、金融機関による知的財産への見方等をご...
株式会社システムブレイン11/06 23:31
皇居で施工実績、 ――物件価値を高める洗浄&コーティング(ナノメンテSB工法) 不動産投資&マネジメントフォーラム2019 へ、出展されています。
フィボナッチからフラクタルへ10/28 23:20
工業デザイン@コンシェルジュ 工業デザイン&デザインコンサルタント・野口英明のブログ。製品は企業からのメッセージ、製品を通じてユーザーに語りかける、売れる製品とは?数々の経験から企業活性化の糸口を探ります。 フィボナッチからフラクタルへ

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER41155

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
【月曜日】「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
【火曜日】「金」:元みずほ投信投資顧問磯(株)磯上 壮太郎様
【水曜日】「産」:元京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
    元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様(終了)
【木曜日】「金」:元新日本証券(株)知久 信義 様(終了)
【金曜日】「学」:元国立研究開発法人物質・材料研究機構 
博士(学術) 原 龍雄 様
【土曜日】「碁」:株式会社 石音 代表取締役、一般社団法人 全日本囲碁協会 理事 根本 明様(終了)

 
ご質問、ご紹介等を希望される場合、以下よりお問い合せください。

 

コラム1

コラム
12345
2020/01/17new

37.特殊な電子顕微鏡

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 原子のサイズまで高倍率で試料を観察するためには電子顕微鏡が必要ですが、試料を真空室へ入れないといけません。そこで現実の状況下で観察できる装置があります。まず試料の温度を変えながら観察できます。試料へ電圧をかけたり光をあてながらの観察もできます。また容器内へ、希望のガスや水を流しながら観察できます。また観察と同時に試料の分析も可能です。
07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 物質・材料研究機構
2020/01/13new

80周年記念会館竣工記念式挨拶より①(2000年10月13日)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

皆様、おはようございます。

本日はご多忙のところ、またあやしい天候の中を、電気通信大学創立80周年記念会館竣工記念式典へご臨席賜り、ありがとうございます。

本日このように本館を開くことができましたのも、ここにご臨席の皆様の暖かいご支援とご協力の賜物であります。本学の教職員を代表して心から感謝申し上げます。

本学は、大正7(1918年)12月に社団法人電信協会無線電信講習所として創立され、その後逓信省に移管されて、当時の日本における高級な通信技術者を養成してきました。

そして、戦後まもなく文部省に移管され、昭和24(1949年)5月に電気通信大学として発足致しました。

平成10(1998年)には、前身の創立から数えて80年を迎えることになり、これを期して記念事業を企画し、電気通信大学創立80周年記念事業会が設置され、関係各位に記念募金をお願いしてまいりましたが、皆様方のご厚志による多額のご寄附を賜りました。

記念事業会では、この寄附を基に、記念会館の建設を行い、この度その竣工を見て、建物ならびに設備、展示物等が大学へ寄贈されました。まことに、ありがたいことと感謝にたえません。

なお、記念事業会からは、記念会館の外に、学術交流基金として5240万円のご寄附をいただきましたこともご報告申し上げますとともに、重ねて御礼を申し上げます。


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年
2020/01/10

36.困ったことを相談する

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 材料に関する研究者は、いつもどういうことをしているのでしょうか。学会では世界で初めての研究テーマの追求、また競争資金を獲得するための研究計画の立案です。これらは秘密なことで発言できません。しかしその専門分野における永年の経験で、その研究内容を話すことは可能です。技術相談をすれば、対話をしてくれます。材料に関する悩みを整理しましょう。
07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 物質・材料研究機構
2020/01/06

平成13年度学部入学式告辞より⑥(2 0 0 1年4月6日)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 勉強だけではありません。社会に出てからさまざまな仕事をするときにも、どんなつまらんと思える仕事でも、楽しくしてしまう人は、いい仕事ができますし、周りの人から好かれ、結局自分が本当にやりたい仕事が向こうからやってくるようになるものです。楽しく過ごすということは、明るい人ということでもあります。長年、学生の就職の世話をやってきて、たくさんの企業の人と会ってきましたが、社会が求めているのも明るい人です。自分は性格が暗いと、いま思っている人も心配はいりません。とにかく今日から、前向きに、楽しく勉強し、楽しく仕事をしようと決意してください。人は、生まれながらにして、遺伝子の中に「楽しむ」という本能を持っていますから、本能を活性化するだけでよいのです。

 この世の中は楽しきことが多いのです。特に科学技術の面白さは、これに勝るものはないでしょう。電気通信大学は、その楽しみの宝庫です。それに魅せられて、とりこになった変わり者の溜まり場です。皆さんも世界をあっといわせる面白いことをやってください。同窓会賞を差し上げますよ。いや、それよりノーベル賞をとってください。

 新入生の皆さん、今日から電気通信大学の一員であることに誇りを持ってください。構内の桜が、今日まで皆さんをお待ちして花吹雪となって歓迎しております。

 私も重ねて皆さんの入学に感謝の気持ちをお伝えして挨拶を終わりにします。


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年
2020/01/03

35.構造材料の新研究等

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 東日本の震災やトンネル屋根の落下事故などから構造材料の総合的な見直しを行う新研究棟が稼働しています。ちょうどそのころ、つくば市で初めて、刀鍛冶の宮下さんが筑波鍛刀場を開所されたことは、神のお告げであったと私は思います。金属を鍛えることによりその組織が改善され、じん性が向上することは、刀から一般材料へ適用していかなくてはいけません。日本の伝統工芸の経験と工学的なシミュレーションとの合体です。
07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 物質・材料研究機構
2019/12/30

平成13年度学部入学式告辞より⑤(2 0 0 1年4月6日)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

これから皆さんは、いろいろ授業を受け、学ばねばなりませんが、面白くないと思ったり、興味がわかなかったりする場合があるかもしれません。その場合、あきらめて勉強を放棄すれば、電通大に入った意味がなくなります。まじめな方は、面白くないけど、なんとかしなければと、我慢して、けなげな努力をするかもしれません。それはそれなりのことはあるでしょうが、ほんとうのものにはならないでしょう。このような場合は、まず面白くする工夫を、楽しくする工夫を考える方が、「いそがばまわれ」で効果があります。

 そのときには、すでにご自分が興味があり、楽しんでいることと関係づけてみることも一つの方法です。そうすると、思わぬ新しい分野を切り開く事になるかもしれません。

 例えば、物理学に興味がない人で、サッカーがめしより好きな人がいたとしましょう。それなら、サッカーボールの運動と物理学の関係を考えてみようと問題を設定して見るのです。


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年
2019/12/27

34.先のことを考える

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 企業の方々と材料の研究者は、なかなか話し合う機会が少ないようです。それは、研究成果に関して、知財、秘密、お金のことなどがからんでくるためです。そうこうしているうちに、アジアや欧米に負けていくと思います。研究内容を聞きながら、企業は先のことを考えるのが理想的な姿です。私の方で、研究内容をいくつか紹介しますので、雑談の話題にしてもらえると幸いです。
09:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 物質・材料研究機構
2019/12/23

平成13年度学部入学式告辞より④(2 0 0 1年4月6日)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

私は、長年「楽力をつける」ということを研究室のモットーとしてきました。ここでいう楽力の楽という字は学ぶという字ではありません。音楽の楽、すなわち楽しむの楽です。

私は、学という「学力」より楽しむという「楽力」の方が重要だと思っています。楽しむ「楽力」があれば、学ぶ「学力」は自然につきますが、楽しむ「楽力」が備わっていない人は、いわゆる学力は向上しないのです。ああ、ややこし!字を見せれば一目瞭然なのにね。

 この私の研究室のモットーは、もう20年以上も前から研究室のパンフレットに使ってきたのですが、つい最近、楽しむ「楽力」を特許にしておけば良かったと思うことが起こりました。実は、いま本屋で売っている「オプラ」という雑誌の創刊号(5月号)が「楽問」のススメという特集を組んでいるのです。ここでの楽問の楽は、学ぶという学ではなく、楽しむの楽です。ここで、楽しむ「楽力」という言葉も使っています。学ぶ「学問」は、本来楽しむ「楽門」であるはずですで、楽しむ「楽門」で有る以上、楽しむ「楽力」が欠かせないのです。ややこしくて疲れますから、もう「楽門」の話しは辞めますが、これで結構私も楽しんでいるのです。


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年
2019/12/20

33.電池の研究棟

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 今回は、電池の研究棟をご紹介します。電池の実験であれば、研究設備を利用することが可能です。電池とは、蓄電池、太陽電池、燃料電池など全てが含まれます。これからは、欧州的な考え方で、効率や寿命のみでなく、デザイン性の優れた電池を、併行して開発していく事も、日本では必要であると思います。国内雇用の創出にもつながります。まずは、私の方で見学案内をしていますので、ぜひお越しください。
07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 物質・材料研究機構
2019/12/16

平成13年度学部入学式告辞より③(2 0 0 1年4月6日)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

というわけで、今日はこのままの形で話しを続けますが、映像型人類の許容範囲を超えぬよう、話題を一つに絞って手短に話しますので、音でなく話しに耳を傾けてください。

さて、皆さんはどのような思いで今日この日を迎えておられますか?

 興奮していますか?

わくわくしていますか?

胸に熱い何かがこみ上げていますか?

皆さんは、電気通信大学に出会えたことが、どれほど幸運なことか、今は分からぬかもしれません。この式の後、同窓会賞の受賞式があります。本学で学んで、世界で活躍されている、本学が誇るべき卒業生を毎年同窓会が表彰してくださってます。今年もお二人が後ほど紹介されますが、皆さんの将来の姿をそこに見ることができるでしょう。お二人の大先輩も、電気通信大学で学んだ幸運を見事に生かして成功されたのだと思います。

しかし、この幸運を将来に生せるかどうかは皆さん自身の問題です。幸運はほっておくと逃げていきます。幸運を逃がさぬためには、何事に対しても逃げずに、楽しむコツを身につけることです。 

昔から「好きこそ物の上手なれ」とか「好きの道にしん労なし」あるいは「好きには身をやつす」「好きな物にたたりなし」などと言ったことわざがあるように、好きなことを楽しむことが、最も人の理にかなったことです。いやいややることほど実りの少ないことはありません。


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年
12345

カウンタ

COUNTER213171

コラム

 
37.特殊な電子顕微鏡01/17 07:00
 原子のサイズまで高倍率で試料を観察するためには電子顕微鏡が必要ですが、試料を真空室へ入れないといけません。そこで現実の状況下で観察できる装置があります。まず試料の温度を変えながら観察できます。試料へ電圧をかけたり光をあてながらの観察...
80周年記念会館竣工記念式挨拶より①(2000年10月...01/13 00:00
皆様、おはようございます。 本日はご多忙のところ、またあやしい天候の中を、電気通信大学創立80周年記念会館竣工記念式典へご臨席賜り、ありがとうございます。 本日このように本館を開くことができましたのも、ここにご臨席の皆様の暖かいご支援...
36.困ったことを相談する01/10 07:00
 材料に関する研究者は、いつもどういうことをしているのでしょうか。学会では世界で初めての研究テーマの追求、また競争資金を獲得するための研究計画の立案です。これらは秘密なことで発言できません。しかしその専門分野における永年の経験で、その...
平成13年度学部入学式告辞より⑥(2 0 0 1年4月6日)01/06 00:00
 勉強だけではありません。社会に出てからさまざまな仕事をするときにも、どんなつまらんと思える仕事でも、楽しくしてしまう人は、いい仕事ができますし、周りの人から好かれ、結局自分が本当にやりたい仕事が向こうからやってくるようになるものです...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示