ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
ジェトロ中小企業等外国出願支援事業(6/24~7/29)07/15 08:35
〇募集中です。
ものづくり匠と技の祭典(5)07/10 00:28
「ロボット化石製作」体験 ロボ化石について、化石とロボットを見ながら、構造の秘密を比較解説します。ロボ化石と同じ構造のペーパークラフトを作って、ものづくりにつながる構造を考えます。 希望者にはロボ化石の操縦体験もできます。 ワークショ...
ものづくり匠と技の祭典(4)07/09 00:18
「ゴム鉄砲製作」体験 ゴムの張力の原理を簡単に学習しながらゴム鉄砲の製作を体験できます。
ものづくり匠と技の祭典(3)07/08 00:23
「カヌーVR」体験 VRで本物のカヌーに乗っているような体験が可能です。
ものづくり匠と技の祭典(2)07/07 00:16
「ミニアーチェリーづくり」体験 バネの弾性エネルギーの原理を簡単に学習しながらミニアーチェリーの製作を体験できます。

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER7470

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
【月曜日】「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
【火曜日】「金」:元みずほ投信投資顧問磯(株)磯上 壮太郎様
【水曜日】「産」:元京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
    元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様
【木曜日】「金」:元新日本証券(株)知久 信義 様
【金曜日】「学」:元国立研究開発法人物質・材料研究機構 
博士(学術) 原 龍雄 様
【土曜日】「碁」:株式会社 石音 代表取締役、一般社団法人 全日本囲碁協会 理事 根本 明様

 
ご質問、ご紹介等を希望される場合、以下よりお問い合せください。

 

コラム1

コラム
12345
2019/07/17new

知的資本主義の時代(8)②

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
ハイコスト先進国企業が知の力を資本とする経営戦略には次の(1)~(5)のマーケッティング戦略によるビジネス・モデル構築が考えられる。
(1)必需品又は便益品をローコスト途上国で生産し、ハイコスト先進国市場防禦
(2)必需品または便益品をローコスト途上国で生産し、ローコスト途上国需要発掘
(3)ハイコスト先進国の非必要経済(かっこ良い、面白い、楽しい、スマート、洗練 etc.)市場でイノベーションによる需要創造か潜在需要発掘
       
(4)ハイコスト先進国の非必要財をローコスト途上国富裕層へ水平展開
(5)ハイコスト先進国の必需品又は便益品をローコスト途上国BOPへリバース・イノベーション
 
第三次産業がこの5つのビジネス・モデルと関係するかを考えてみたい。
第三次産業は、先進国においてその比重が増すという事は、先進国企業がグローバル市場主義経済下で闘うためのこの5つのビジネス・モデルと深く係るはずである。5つのビジネス・モデルの順番に先進国の文化的価値から遠い貧しいが故の古い社会である自我の主張を抑制する共同体社会の文化との係りが強くなると考えられる。即ち、利益社会化した先進国社会では、安価大量規格品はローコストの途上国で生産したモノを輸入(ビジネス・モデル(1))し、先進国が比較優位を有する知の力を資本とするビジネス・モデルの(3)(4)(5)を産業の中心になるように誘導するのが合理的である。

(3)(4)(5)の各ビジネス・モデルごとに1つずつ具体的ビジネスを考えてみる。

「(3) ハイコスト先進国の非必要経済(かっこ良い、面白い、楽しい、スマート、洗練 etc.)」では、ディズニーランドのようなモダンな娯楽産業があり、その需要には理論的上限が存在せず、知の力で無限の需要を創造する事が可能である。

「(4)ハイコスト先進国の非必要財をローコスト途上国富裕層へ水平展開」では、豪華客船による世界一周の旅とか地中海クルージングのような高価旅行を途上国富裕層に売り込むビジネスがある。

「(5)ハイコスト先進国の必需品又は便益品をローコスト途上国BOPへリバース・イノベーション」は、途上国は発展のために全国民の初等教育に力を入れており、BOP層も子弟が上・中流階級へ上昇するには教育が必須であることを認識しており、そこには大きなビジネス・チャンスが潜んでいる。教育を搾取の手段とすべきではなく、途上国発展のために先進国が蓄積してきた教育人材、データ、経験を利用してもらうことで教育の質の向上、効率化を図り、その成果を長期にわたり回収するという視点が求められる。

明治維新以降に日本が培ってきた知は途上国から先進国への発展を実現した歴史的事実に立脚すれば(3)(4)(5)、特に(5)で途上国との架け橋に最適な国は日本であるという明るい結論が得られると考える。


07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 知財を通しての歴史観
2019/07/16new

投資信託の魅力(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

投資信託の魅力(2)
投資信託は多くの金融商品の中で最も優れていると思っています。その主なポイントは、

①基準価額(時価)が毎日公表されていること(制度化されている)

②年1回以上決算があり運用内容が個別に送られてくること(制度化されている)

③投資信託はそもそも分散投資の考え方ですが、やりようによっては自分好みの分散が可能であること

④単価が高額な投資対象でも、個人が投資できない投資対象でも、それ等を投資対象とした投資信託が1万円から購入できること

などであり、他の金融商品に類を見ません。

一般的にリスクは分散させれば、工夫次第でそれに見合うリターンが得られる可能性があります。(理論的にも説明されています。)投資信託は先進国で長い歴史があり、その商品性はその間十分に改良されてきております。品揃えも十分過ぎるぐらいあります。欠点が全く無いわけではありませんが、それをカバーする選択ができるし、リターンをより確実なものにする工夫の余地が大いにあると考えています。その勘所をご説明いたしますので、是非実際に投資してみてください。何しろ投資が面白くなりますから。



06:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 投資信託の実践活用
2019/07/15new

21世紀の新しい大学を電通大から!(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

大学の機能と性能が問われている
大学の使命が、「知の場」としてのインフラであるべきことは、大学人はもちろん、社会共通の認識であることは前述した通りです。問題は、使命を果たすべき機能が十分に備わっているかどうかが問われているので す。さらに言えば、機能がどの程度有効に働いているかという性能が評価されているのです。
例えば、人材の育成に必要な教育機能は十分に備わっているでしょう か?教育の成果である卒業生の質は保証されていますか?総合的にみて、日本の大学は諸外国の大学に較べて、教育の機能も性能も著しく見劣りがするという見方が大勢であることは、よく知られていることです。これでは、天然資源に乏しく、人的資 源がたよりのわが国の将来は、暗濯たるものと言わざるを得ません。
最近、私が気になっていること(多くの人は気にならないようですが)があります。それは、大学の使命として、教育と研究に加えて、社会貢献が第 3の柱として強 く打ち出 されていることです。現に、平成12 年度から始まった大学評価の最初の評価 テーマは「 教育における社会貢献」です。それでは、本来 の教育や研究は社会貢献とは無関係なので しょう か?社会に貢献しない教育 や研究でよいというのでしょうか?教育 も研究もそれが社会に貢献してはじめ て使命が達成されるのではないでしょうか。ついでに言えば、上記の大学評価では、正規の学生以外の者に対する 教育を「教育における社会貢献」と定義して いるようです。教育を受けようとする者を、正規と非正規に区別したり、高卒後引き続き大学に進学する者を標準とする画ー的な考えこそ、排すべきことなのです。すなわち、日本の大学における教育機能は、余りに狭くて多様性に欠けており、そこに警笛を鳴らす意 味で、「教育における社会貢献」というような奇妙な課題を評価テーマに掲げねばならなかったのだと思わざるを得ません。
以上のことは、大学のみならず、小学校からの日本の教育に潜む大きな矛盾のように思います。それは、一口で言えば、教育機能のシステムが学校の中で閉じていることにあります 。


07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年
2019/07/14new

目のつけどころの鍛え方(5)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
目のつけどころを鍛えるには、「違和感を根に持つ」といい。
そうするには「言葉に敏感になる」といいと前回つたえた。

くわえてひとつ大事なことがある。
それは「調べない」ということだ。

なーんだ、そんなことかと思った人のなかに
この1週間、一度も検索していない人はいるだろうか。

電車の時刻や、これから行く店の評判、
見る予定のテレビ番組や映画。

スマホと優秀な検索エンジンを手にした僕らは、
まるで呼吸のように意識せず、「不確実な未来」を
確実にしようと日々調べている。

その都度、気づかないうちに2つ損をしている。

1つは、不確実な未来に起こったかもしれない出会いや
感情の動き、友達に話したくなるネタ、何より自分が
「面白い」と感じる出来事が消えている。

まるで、お金を払ってはいったお化け屋敷で、どこで
どんなお化けが出てくるかを事前に調べてしまったかのように。

もう1つは、自分の頭をつかって考える機会が消えている。
別の言い方をすると、「好奇心」が少しずつ減っている。

好奇心を育むのは本当に難しい。
増やすのが難しいならば、せめて子供の頃に育んだものを、
大人になってどんどん失うのを止めたい。頭髪のように。

損をしたくないと思って検索していると、
結局損しているというのは皮肉だが、これが現実だ。

ではひとつ、調べないで考えて頂きたい。

一日千秋。

なぜ「秋」なのだろう。

秋の夜長にどうぞ。  「記:根本」

05:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 目のつけどころの鍛え方
2019/07/12new

8.実物を見る:千現地区見学

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

 これは、千現地区の研究所。千現では、金属材料を、原料から溶解、加工して試験片を作成し、分析し、組織を観察し、性質を測定する、という一連の工程が整備されています。もちろん金属以外の材料も全て取り扱っています。皆さんは、材料以外の問題解決や経営の悩みなど、多忙なことと思います。材料のことに関しては任せて頂ければ良いと思います。ご遠慮なく、見学とともに技術相談に来て頂ければと思っています。
07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 物質・材料研究機構
2019/07/10

知的資本主義の時代(8)➀

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
今回は、第三次産業化とく時代の流れがテーマである。経済の発展段階を大雑把に見ると、(1)圧倒的に第一次産業中心の農業社会、(2)ロストウの言うtake-offの産業革命がもたらす第二次産業躍進の時代、そして(3)衣食住の量的充足が達成された先進国では、成長鈍化に伴う有効需要創出の政府サービスや金融資本主義、サービス産業を含む第三次産業がGDPに占める比率が最大となる時代が到来する。

そもそも第一次産業(農業・漁業・鉱業・牧畜業・林業)から第二次産業(工業)に、さらに第三次産業(商業・サービス業)へ経済発展につれて就業人口が移動する法則を膨大な過去のデータを分析し、実証したのはW.PettyとC.Clarkであり、そのためこの法則はペティ=クラークの法則と言われる。

ソ連、東欧を除く日米欧、豪州、カナダ、ニュージーランドの先進国では、第一次産業従事者の就業人口に占める比率が1900年に59%、1960年に30%、第二次産業従事者の両年の比率が22%と33%、第三次産業のそれが19%と36%。

現在の世界で先進国だけでなく、韓、台、シンガポール、香港のかつて四小龍と言われた中進国も第三次産業の時代に入って来た。更にBRICsという巨大人口の新興国も第一次産業従事者比率の低下が起こっている。

モノが充足されれば次は、第一次、第二次産業が産出する商品を扱う商業及びサービスが求められるのは当然とも言えるけれどもGDPの60%~70%が第三次産業として就業者の大半を占めるに至る原因は理論的には解明されていない。

そもそもクラークの分類では、第三次産業は第一次、第二次産業に属さないその他一切の非物質的生産の活動を含み、主要なものとして運輸、通信、商業、金融、公務、家事サービスその他のサービスであるとする。第三次サービスの特性としては、運搬不可能、運輸を除き貿易の対象にならない事、生産性の向上が第二次産業に比べ低い事が挙げられる。


07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 知財を通しての歴史観
2019/07/10

「人脈の達人と考える自分の人脈」

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
「第一次ベンチャーブームの時代を支えてこられた方々」

 日本において、1970年代は第一次ベンチャーブームの時代といわれています。
 その時代にベンチャーの旗手としてその中心で活躍された経営者の方、また、そのベンチャーを金融の面で支えた人々は、いま、80歳代前後となっていますが、未だに、後進の育成・サポートに、精力的に活躍競れています。
 企業の事業承継がクローズアップされていますが、ベンチャーの育成を永年支えてこられた人財の承継も重要で、なそして喫緊の課題と、このサイトの運営を通して痛感しているところです。
 まずは、そのような方の活動を広く知っていただくことから始めるのが一番と、このコラムをスタートいたします。
 私の思いとは裏原に、当事者の方々は精力的に活動をされています。その活動のお手伝いを少しでもさせていただくため、「・・・さんに聞いてみよう!」サイトの開設も準備しています。
 まずは、どのような方々がいらっしゃるのか、ご紹介をさせていただきます。

人脈づくり、 ギブアンドギブの精神 
ベンチャー育てて40年、142社に投資、42社株式公開
知久 信義 様



 
 

06:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 人脈づくり、 ギブアンドギブの精神
2019/07/09

投資信託の魅力(1)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

投資信託の魅力 

手元のお金をいくらかでも有利に運用したい。あまり危ない事はしたくないが、ただ置いておくだけでなく、薄利な預金では物足りないし、日常の繰り返しの中で活かせる資産運用をしたい。その様な考えをお持ちなら、その有力な手段として投資信託をお奨めします。

投資信託は数多くの金融商品の中で有力な資産運用手段であると、よくお聞きするかと思います。経済新聞や雑誌にもよく話題に出てくる。大々的な宣伝もよく見かけます。しかし、よく分からないし、縁遠いものと思ってきた方も多いだろうと思います。まず、資料や情報が膨大で読みこなせない。難解な言葉が次から次と出てくるような気がする。株式投資だけでも素人には難しいのに、加えて債券やリートや為替が投資対象となる場合があるようだ。結局どうしていいかよく分からず見送ってきた。

この本では、投資信託の魅力、投資信託を購入するに当っての考え方、具体的な手法を説明していきたいと思います。全ての情報を読みこなせなくても、勘所を押さえれば任せられる商品と考えています。大事なポイントに絞って、できるだけやさしい言葉で、簡明に説明したいと思います。



06:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 投資信託の実践活用
2019/07/08

21世紀の新しい大学を電通大から!(1)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

戦後の学制の大変革で、中央無線講習所から電気通信大学へ
昇格して半世紀余が経ちました。そして今、国立大学は、戦後最大の変革の岐路に立っています。独立法人化については、松澤先生が分かり易く解説してくださっています。私は、この流れの中で、電気通信大学がどう在りたいと考えているかを述べてみたいと思います。特に、学生の皆さんとのかかわりが深い教育を例にして考えてみます。

大学の使命
電気通信大学のことを述べる前に、そもそも大学とはなにかという認識を確認しておき ます。大学は、知的人材の養成(教育)と知 的資産の創出(研究)の場であると言っても異論はないでしょう。これが大学の使命であることは、世界的にも共通の認識です。
人類が他の動物に比ぶべくもない発達を遂げたのは、「知」を手にしたからに他なりません。したがって、文明社会の維持、発展あるいは栄枯盛衰は、その社会が「知」をいかに上手に機能させ得るかにかかっています。
「知」が社会全体の共通の財産であるとすれば、「知」を伝承し、普及し、かつ新たに生み出すための社会共通のインフラが必須となります。そこに、大学の存在が大きな役割を担っているのです。


07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年
12345

カウンタ

COUNTER49485

コラム

 
知的資本主義の時代(8)②07/17 07:00
ハイコスト先進国企業が知の力を資本とする経営戦略には次の(1)~(5)のマーケッティング戦略によるビジネス・モデル構築が考えられる。 (1)必需品又は便益品をローコスト途上国で生産し、ハイコスト先進国市場防禦 (2)必需品または便益品...
失敗する経営者の共通点 9つ07/17 06:00
投資信託の魅力(2)07/16 06:19
投資信託の魅力(2) 投資信託は多くの金融商品の中で最も優れていると思っています。その主なポイントは、 ①基準価額(時価)が毎日公表されていること(制度化されている) ②年1回以上決算があり運用内容が個別に送られてくること(制度化され...
21世紀の新しい大学を電通大から!(2)07/15 07:00
大学の機能と性能が問われている 大学の使命が、「知の場」としてのインフラであるべきことは、大学人はもちろん、社会共通の認識であることは前述した通りです。問題は、使命を果たすべき機能が十分に備わっているかどうかが問われているので す。さ...
目のつけどころの鍛え方(5)07/14 05:00
目のつけどころを鍛えるには、「違和感を根に持つ」といい。 そうするには「言葉に敏感になる」といいと前回つたえた。 くわえてひとつ大事なことがある。 それは「調べない」ということだ。 なーんだ、そんなことかと思った人のなかに こ...
8.実物を見る:千現地区見学07/12 07:00
 これは、千現地区の研究所。千現では、金属材料を、原料から溶解、加工して試験片を作成し、分析し、組織を観察し、性質を測定する、という一連の工程が整備されています。もちろん金属以外の材料も全て取り扱っています。皆さんは、材料以外の問題解...
知的資本主義の時代(8)➀07/10 07:00
今回は、第三次産業化とく時代の流れがテーマである。経済の発展段階を大雑把に見ると、(1)圧倒的に第一次産業中心の農業社会、(2)ロストウの言うtake-offの産業革命がもたらす第二次産業躍進の時代、そして(3)衣食住の量的充足が達成...
「人脈の達人と考える自分の人脈」07/10 06:00
「第一次ベンチャーブームの時代を支えてこられた方々」  日本において、1970年代は第一次ベンチャーブームの時代といわれています。  その時代にベンチャーの旗手としてその中心で活躍された経営者の方、また、そのベンチャーを金融の面で支...
投資信託の魅力(1)07/09 06:16
投資信託の魅力 手元のお金をいくらかでも有利に運用したい。あまり危ない事はしたくないが、ただ置いておくだけでなく、薄利な預金では物足りないし、日常の繰り返しの中で活かせる資産運用をしたい。その様な考えをお持ちなら、その有力な手段とし...
21世紀の新しい大学を電通大から!(1)07/08 07:00
戦後の学制の大変革で、中央無線講習所から電気通信大学へ 昇格して半世紀余が経ちました。そして今、国立大学は、戦後最大の変革の岐路に立っています。独立法人化については、松澤先生が分かり易く解説してくださっています。私は、この流れの中で、...
目のつけどころの鍛え方(4)07/07 05:00
  流れゆく情報の海の中でふと立ち止まり考える。 こんな癖をつけるには、自分のなかに生まれた違和感を 根にもつといい、という話を前回した。 「あれっ?」を増やすのにひとつお薦めの方法がある。 言葉に敏感になることだ。 朝起...
7.実物を見る:並木地区見学07/05 07:00
 これは、並木地区の研究所。並木では、様々な材料を取り扱っています。新しい材料の研究をしていますが、重要なことは、その作り方です。作っているところを見学することができます。また材料の分析や観察を行ったり、性質を調べたりしています。皆さ...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示