ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
NPO法人uecサポート02/26 06:00
NPO法人uecサポート uecサポートは、プログラミング教育・STEAM教育・サイエンスコミュニケーション事業を通して広く一般市民の 論理的・創造的思考力の普及に寄与する法人です。 組織概要 - NPO法人 uecサポート
一般財団法人ワンアース02/26 06:00
一般財団法人ワンアース 設立主旨 宇宙的視点から、 この星の、いのちの美しさを体感し、 ひとつの星で共生するという 新しい価値観に基づいた文化交流で、 世界を一つに繋いでゆきます 千葉でも、苗木が植えられます。
東京シニアビジネスグランプリ02/24 21:42
〇東京シニアビジネスグランプリ ファイナル 3月15日(日)開催 〇フォレマー合同会社  ファイナリストに選出されました。
(2/7)放映の日経プラス10|で、アーチェリーが取上...02/07 17:18
「日経プラス10|BSテレ東 - テレビ東京」において、 「『スポーツプラス』アーチェリー選手支える匠の技とは」のテーマで、放送されました。「プロジェクト桜」も取上げられました。
新世代スピーカー「フォレマー」の試聴会(2/13)02/07 03:33
フォレマーの試聴会を開催 (3Dプリンターを使いアモルファス構造を実現した新世代スピーカー) ワインを片手に、原音に忠実かつ高解像度なサウンドをご堪能ください。 フォレマー イベント.png

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER47476

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
【月曜日】「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
【火曜日】「金」:元みずほ投信投資顧問磯(株)磯上 壮太郎様
【水曜日】「産」:元京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
    元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様(終了)
【木曜日】「金」:元新日本証券(株)知久 信義 様(終了)
【金曜日】「学」:元国立研究開発法人物質・材料研究機構 
博士(学術) 原 龍雄 様
【土曜日】「碁」:株式会社 石音 代表取締役、一般社団法人 全日本囲碁協会 理事 根本 明様(終了)

 
ご質問、ご紹介等を希望される場合、以下よりお問い合せください。

 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2019/05/20

1.実体験による知的体力を!(2)梶谷誠 先生

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
前述では、わざわざ実を付して実体験と書きました。最近は、バーチャル体験(虚体験?)も多くなっているからです。本で読んだことだけや人から聞いたことだけを頼りにして分かったような気になること、コンピュータが作り出す映像を見てそれが現実と思うことなど、われわれの周りには、バーチャル体験で済まそうとする誘惑が満ちています。われわれが関係する科学技術の分野では、シミュレーションやバーチャルリアリティの技術は非常に有力なツールとして、様々に利用されています。それだけに、それはあくまでわれわれの体験を支援するツールであることをわきまえておかねばなりません。なぜなら、それらのツールは、現実の世界の実際の経験すなわち実体験に基づき作られているのであり、実体験がなくなると進歩は止まってしまうからです。
私は、皆さんにぜひ本学で豊富な体験をしていただきたいと願っています。これまでに 述べたように、体験があなたの財産になります。あなたの体験はあなたにしか作用しません。それがあなたの個性になります。本に書いてあることや、皆が知っていることは、価値はありません。あなたが他との違いを出せるのは、あなた自身の体験とそれに基づく創造と判断です。
体験を深める基本は「コミュニケーション」にあります。人間関係の体験は、コミュニケーションそのものであることは論を待たないでしょう。どのような時代になっても、世界のどこにいてもわれわれの生活(仕事を含めて)は、つまるところ人間関係に大いによっているのです。在学中に積極的に生身の人間とのコミュニケーションをはかり、信頼できる友を作ってほしいと思います。また、われわれは自然の中の一員としても、自然とのコミュニケーションをはからねばなりません。それが人類が将来も自然と共存できる条件ではないでしょうか。実は機械やシステムと呼ばれるエンジニアが作り出す人工物についても、人間と機械とのコミュニケーション(ヒューマンインターフェイス)が非常に重要になっています。本学は、このような広い意味のコミュニケーションの概念を中心に据えて教育と研究活動を展開していこうと思っています。皆さんも電気通信大学に学ぶからには、本学で学ぶ特徴を生かすことが、将来の展開に有利なはずです。このことを意識してこれからの勉学の計画をたてることをお勧めします。
電気通信大学は、すばらしい大学です。この大学の場を利用して、どん欲に実体験を得るならば、将来のあなたには莫大な利息が付くでしょう。しかし、あなたが自ら何かを得ようとしなければ、あなたはせっかくのチャンスを失い、大いなる損失を受けることになります。
さあ、まずなによりも身体を鍛えるとともに、実体験による知的体力も鍛えてください。


17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年

カウンタ

COUNTER244302

コラム

 
キャンパスクリエイト02/24 00:00
さらに、しつこく申しますが、文部科学省には、小山さんの所属されている産業連携課があり、経済産業省には、橋本さんが所属される大学連携推進課があり、お互いの協力連携体制が整備されているわけですから、大学はそれを利用させていただくと同時に期...
42.加工しやすいステンレス02/21 07:00
 ステンレス鋼は、普通鋼より切削加工性が劣ると言われています。そのため、硫黄を入れるという手段では、耐食性が低下します。鉛を添加する対策では、旋盤を扱われる人に有害ですし、環境やリサイクルなどに問題が生じます。セレンという成分を入れる...
霞ヶ関の変化02/17 00:00
皆様、本日は何かとご多忙のところを、電気通信大学共同研究センター棟の増築とセンターの創立10周年を祝う会にこ臨席賜りましたこと、主催者として厚く御礼申し上げます。 本日このような式典を挙行できましたのも、ここにご臨席の皆様の暖かいご支...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示