ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
3月1日(日)テレビ朝日サンデーLIVE!!で国産アチ...02/28 16:01
3月1日(日)朝5:50から放送のテレビ朝日:サンデーLIVE!!「東京応援宣言」で、株式会社西川精機製作所が開発をしてまいりました国産アーチェリーが放送されました。 サンデーLIVE!! 東京応援宣言 3月1日(日)あさの #TOK...
NPO法人uecサポート02/26 06:00
NPO法人uecサポート uecサポートは、プログラミング教育・STEAM教育・サイエンスコミュニケーション事業を通して広く一般市民の 論理的・創造的思考力の普及に寄与する法人です。 組織概要 - NPO法人 uecサポート
一般財団法人ワンアース02/26 06:00
一般財団法人ワンアース 設立主旨 宇宙的視点から、 この星の、いのちの美しさを体感し、 ひとつの星で共生するという 新しい価値観に基づいた文化交流で、 世界を一つに繋いでゆきます 千葉でも、苗木が植えられます。
東京シニアビジネスグランプリ02/24 21:42
〇東京シニアビジネスグランプリ ファイナル 3月15日(日)開催 〇フォレマー合同会社  ファイナリストに選出されました。
(2/7)放映の日経プラス10|で、アーチェリーが取上...02/07 17:18
「日経プラス10|BSテレ東 - テレビ東京」において、 「『スポーツプラス』アーチェリー選手支える匠の技とは」のテーマで、放送されました。「プロジェクト桜」も取上げられました。

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER53115

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
【月曜日】「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
【火曜日】「金」:元みずほ投信投資顧問磯(株)磯上 壮太郎様
【水曜日】「産」:元京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
    元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様(終了)
【木曜日】「金」:元新日本証券(株)知久 信義 様(終了)
【金曜日】「学」:元国立研究開発法人物質・材料研究機構 
博士(学術) 原 龍雄 様
【土曜日】「碁」:株式会社 石音 代表取締役、一般社団法人 全日本囲碁協会 理事 根本 明様(終了)

 
ご質問、ご紹介等を希望される場合、以下よりお問い合せください。

 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2019/07/15

21世紀の新しい大学を電通大から!(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

大学の機能と性能が問われている
大学の使命が、「知の場」としてのインフラであるべきことは、大学人はもちろん、社会共通の認識であることは前述した通りです。問題は、使命を果たすべき機能が十分に備わっているかどうかが問われているので す。さらに言えば、機能がどの程度有効に働いているかという性能が評価されているのです。
例えば、人材の育成に必要な教育機能は十分に備わっているでしょう か?教育の成果である卒業生の質は保証されていますか?総合的にみて、日本の大学は諸外国の大学に較べて、教育の機能も性能も著しく見劣りがするという見方が大勢であることは、よく知られていることです。これでは、天然資源に乏しく、人的資 源がたよりのわが国の将来は、暗濯たるものと言わざるを得ません。
最近、私が気になっていること(多くの人は気にならないようですが)があります。それは、大学の使命として、教育と研究に加えて、社会貢献が第 3の柱として強 く打ち出 されていることです。現に、平成12 年度から始まった大学評価の最初の評価 テーマは「 教育における社会貢献」です。それでは、本来 の教育や研究は社会貢献とは無関係なので しょう か?社会に貢献しない教育 や研究でよいというのでしょうか?教育 も研究もそれが社会に貢献してはじめ て使命が達成されるのではないでしょうか。ついでに言えば、上記の大学評価では、正規の学生以外の者に対する 教育を「教育における社会貢献」と定義して いるようです。教育を受けようとする者を、正規と非正規に区別したり、高卒後引き続き大学に進学する者を標準とする画ー的な考えこそ、排すべきことなのです。すなわち、日本の大学における教育機能は、余りに狭くて多様性に欠けており、そこに警笛を鳴らす意 味で、「教育における社会貢献」というような奇妙な課題を評価テーマに掲げねばならなかったのだと思わざるを得ません。
以上のことは、大学のみならず、小学校からの日本の教育に潜む大きな矛盾のように思います。それは、一口で言えば、教育機能のシステムが学校の中で閉じていることにあります 。


07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年

カウンタ

COUNTER270972

コラム

 
機器分析センター棟の完成を祝して04/06 00:00
このたび、機器分析センター棟が完成したことを心からお慶び申し上げ、岩崎センター長をはじめ関係者の皆様のこれまでのご苦労に対して敬意と感謝を申し上げます。 機器分析センターは、学内共同教育研究施設として 1 9 9 4年6月に設置されて...
電気通信大学の特徴をベンチャーに生かそう03/30 00:00
「ベンチャービジネス」を冠した研究施設が大学に設置されたことは、21世紀を間近かにして、日本の大学が大きな変革に踏み出した象徴的な出来事でした。大学と産業界がもっと歩みよらねば、大学の研究をもっと企業化に結びつけねば、日本の新しい産業...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示