ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
「学」:国立研究開発法人物質・材料研究機構 博士(学術) 原 龍雄 様
「産」:京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
 元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様
「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
「士」:株式会社のぞみ総研 代表取締役 行政書士 今村 正典 様
 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2018/01/08

教養は人生の糧(4)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

教養は楽しみながら
先に触れた中教審の「新しい時代における教養教育のあり方について」では、教養の概念を次のよ5うな項目に整理しています(内容を簡略化して記す)。
ア)「知・徳・体」、「知・情· 意」
イ)社会とのかかわりの中で必要な資質
ウ)国際化・情報化が進む世界で日本人として生きていくための基礎的な能力
エ)未知の事態や新しい状況に的確に対応していく塞盤となる力など
オ)品性、品格
以上の資質や能力をどのレベルまで身に付ける必要があるかは一律に決められるものではないと断っています。
しかし、我々が身に付けるべき理想の目標の全てが網羅されていて、私などにはとても無理なことに思え、少々気が滅入ってしまいました。もっと気楽に教養を考え、しかし人生の最も根幹に位置づけようとしたのが、本稿の教養考の試みです。
本学には、理工系大学としては例をみない、多様な充実した教養の授業が用意されています。それらに貪欲に参加し、楽しんでください。あなたの人生の喜びを、生きがいを高めるヒントが見つかるはすです。


07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年

コラム

 
80周年記念会館竣工記念式挨拶より③(2000年10月...06/18 00:00
ところで、まもなく迎える21世紀に向け、またひしひしと押し寄せる国立大学を取り巻く厳しい環境変化に対応するため、本学の今後の進むべき道筋を明確にし、大学審議会答申に謳っている「競争的環境の中での個性が輝く大学」を目指して、電気通信大学...
80周年記念会館竣工記念式挨拶より②(2000年10月...06/11 00:00
さて、当記念会館は、1階はコミュニケーションホールと名づけた「自由な情報交換の場」、2階のミュージアムは、「科学技術とのふれあいの場」として、本学の教官や学生が自作した作品を中心にした展示場になっております。3 階のフォーラム、この場...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示