ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
東京高専の産業技術センター 技術相談01/16 00:00
〇参考:2018.1.16.東京高専 産業センター 技術相談.pdf
近畿大学リエゾンセンター 東京オフィス01/15 00:00
〇参考:2018.1.15.近畿大学リエゾンセンター.pdf

利用機関

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
「学」:国立研究開発法人物質・材料研究機構 博士(学術) 原 龍雄 様
「産」:京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
 元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様
「学」;電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2018/01/01

変化する勇気を!【年頭にあたり引用】

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

自然界も社会も変化し続けてさました。
変化が無いところに、進化も進歩も発展もありません。
変化こそ全ての活力の源泉のような気がします。

●変化が自然の理 ●
自然は常に変化しています 。宇宙規模の変化、地球の46億年にわたる変化、四季の変化、毎日の天候の変化など、変化していることが態常です。人も生まれてから、肉体的にも、精神的にも休まず変化を続けます。もちろん、社会活動も、経済活動も日々変化しています 。
変化は、時間、空間、その他のさまざまな変数で表せる状態に起こります。違い、種類 、多様性などという言葉も、広い意味の変化と捉えれば、世の中は変化に満ちています。不変、一様、単一、均ーな状態は、むしろ不自然であり、自然の理にかなっていません。

●人は本来変化を好む ●
人が生まれつき備えている遺伝子ソフトウェアには、生物としての本能をコントロールするプログラムと、人間らしさを発揮するプログラムが組み込まれています。後者は、精神的快楽を起動するプログラムと考えます。精神的快楽とは、好奇心、知る喜ぴ、発見の 喜ぴ、創造の喜ぴ、愛される喜ぴ、愛する喜び、誉められる喜ぴ、美しさへの感動、支配欲、名誉欲などなど、人が受ける喜ぴや感動などを指します。これらは、全ての人々に共通の心の作用であり、人から学んだり、訓練によって獲得しをものではなく、先天的に与えられたものなのです。
精神的快楽のプログラムは、外からの情報的刺激に反応して作用しますが、特に変化に敏感で、強く反応します。つまり、人は、生まれつき変化を好むようにプログラされているのです。しかし、このプログラムを使わないと、だんだん起動しにくくなるようです。子供はだれでも、極めて好奇心が旺盛で、新しいことに興味を持ちます。しかし、大人達がそれを抑制するために、だんだん好奇心や興味を失い、無気力になっていくのではないでしょうか。

●変化が価値を生む ●
現在は、物やエネルギーが中心であった工業社会から情報が相対的に重要な社会へ移っています。天然資源である物質とエネルギーは有限のため、その価値は「量」に依存します。情報は、人の知的、精神的活動の産物で、人が活動する限り、無限に供給できます。情報は、無限に存在し得るが故に、量よりも「変化」に価値があります。情報の価値は新しさにあるため、常に新しい情報、知識が求められ、情報の需要は際限なく統きます。また、人は心の充足を求めますが、人の気持ちは各人各様で、しかも時間とともに変化しますので、人の心を充足させる情報も無限の多様性、変化を求めます。

●自ら変化を興そう ●
人は本来 、変化を好み、変化に対応する能 力を備えています。一方、情報は新しいこと、変化することによって価値を創造します。しだがって、情報社会で生きる人は、変化に対応すること、変化を生かすことが生きるすべとなります。いや、むしろ自ら果敢に変化し、世の中を変化させる気概を持って 、新しい社会のリーダになってください。


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年

コラム

 
教養は人生の糧(5)01/15 07:00
コミュニケーションが教養の要 電気通信大学は、2 1 世紀を「人々が心豊かに暮らせる社会」にすべきであるとし、「高度コミュニケー ション社会」と名付けました。先に述べた「生きがい」 は「心豊かな人生」と言い換えてもいいかもしれません。...
知的資本主義の時代(9)➀01/09 17:18
資本主義の歴史を辿ると商業資本主義→産業資本主義→金融資本主義という図式に要約できる。しかし、現代先進国において、金融資本が新しい社会を創造しているとか近い将来そうなるとかいう感覚は持てない。しかし、人類は地球環境悪化、資源枯渇、人口...
教養は人生の糧(4)01/08 07:00
教養は楽しみながら 先に触れた中教審の「新しい時代における教養教育のあり方について」では、教養の概念を次のよ5うな項目に整理しています(内容を簡略化して記す)。 ア)「知・徳・体」、「知・情· 意」 イ)社会とのかかわりの中で必要な...

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示