ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
川崎市のナノ・マイクロ技術支援講座【第5回ナノ茶論】(...08/08 04:57
【第5回ナノ茶論】  2019年9月12日(木)15:30~17:00  @新川崎・創造のもり「AIRBIC」1階 会議室1 ※14:30~ご希望の方にNANOBIC設備見学会を行います。 申込⇒こちら (発表者) 慶應義塾...
川崎市のナノ・マイクロ技術支援講座【第4回ナノ茶論】(...08/07 04:50
【第4回ナノ茶論】 2019年8月21日(水)15:30~17:00  @新川崎・創造のもり「NANOBIC」2階会議室 ※14:30~ご希望の方にNANOBIC設備見学会を行います。 申込 ⇒こちら (発表者) 東京工業大...
イノベーションジャパン 情報08/02 00:19
上智大学理工学部物質生命理工学科より早下隆士教授が参加いたします。 ●早下陸士教授 展示タイトル:「超微細シクロデキストリンナノゲルの設計と製造技術」 【展示ブース N-11】 (シーズ展示ゾーン・分野:ナノテクノロジー) ショー...
インターンシップ 研究機関の受入 ➁都産技研07/30 06:17
<都産技研> ▼研修生の受入れ 研修生は下記①②のように目的別に区分けをしており、 ②は「協定締結機関」のみに限定。 ①長期:技術習得(1か月以上)、研究(期間問わず) ②短期:学外での社会研修インターンシップ(1か月未...
インターンシップ 研究機関の受入 ➀産総研07/29 07:08
<産総研> 大学生の研修制度につきまして、産総研では「技術研修」 という制度を用意。 <産総研公式HPに記載の概要> 大学、公設研究所などの研究者・技術者を産総研に一定期間受け入れ、産総研の 研究者の指導の下に技術を習得して頂...

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER17984

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
【月曜日】「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
【火曜日】「金」:元みずほ投信投資顧問磯(株)磯上 壮太郎様
【水曜日】「産」:元京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
    元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様
【木曜日】「金」:元新日本証券(株)知久 信義 様
【金曜日】「学」:元国立研究開発法人物質・材料研究機構 
博士(学術) 原 龍雄 様
【土曜日】「碁」:株式会社 石音 代表取締役、一般社団法人 全日本囲碁協会 理事 根本 明様

 
ご質問、ご紹介等を希望される場合、以下よりお問い合せください。

 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2019/07/10

知的資本主義の時代(8)➀

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
今回は、第三次産業化とく時代の流れがテーマである。経済の発展段階を大雑把に見ると、(1)圧倒的に第一次産業中心の農業社会、(2)ロストウの言うtake-offの産業革命がもたらす第二次産業躍進の時代、そして(3)衣食住の量的充足が達成された先進国では、成長鈍化に伴う有効需要創出の政府サービスや金融資本主義、サービス産業を含む第三次産業がGDPに占める比率が最大となる時代が到来する。

そもそも第一次産業(農業・漁業・鉱業・牧畜業・林業)から第二次産業(工業)に、さらに第三次産業(商業・サービス業)へ経済発展につれて就業人口が移動する法則を膨大な過去のデータを分析し、実証したのはW.PettyとC.Clarkであり、そのためこの法則はペティ=クラークの法則と言われる。

ソ連、東欧を除く日米欧、豪州、カナダ、ニュージーランドの先進国では、第一次産業従事者の就業人口に占める比率が1900年に59%、1960年に30%、第二次産業従事者の両年の比率が22%と33%、第三次産業のそれが19%と36%。

現在の世界で先進国だけでなく、韓、台、シンガポール、香港のかつて四小龍と言われた中進国も第三次産業の時代に入って来た。更にBRICsという巨大人口の新興国も第一次産業従事者比率の低下が起こっている。

モノが充足されれば次は、第一次、第二次産業が産出する商品を扱う商業及びサービスが求められるのは当然とも言えるけれどもGDPの60%~70%が第三次産業として就業者の大半を占めるに至る原因は理論的には解明されていない。

そもそもクラークの分類では、第三次産業は第一次、第二次産業に属さないその他一切の非物質的生産の活動を含み、主要なものとして運輸、通信、商業、金融、公務、家事サービスその他のサービスであるとする。第三次サービスの特性としては、運搬不可能、運輸を除き貿易の対象にならない事、生産性の向上が第二次産業に比べ低い事が挙げられる。


07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 知財を通しての歴史観

カウンタ

COUNTER105535

コラム

 
ファンドの選択基準(3)分配(1)09/17 06:00
ファンドの選択基準(3)分配(1) 預ける資金をどう活かしたいのか。定期的に分配がほしいのか。その頻度は。それともじっくり預けてできるだけ税金を払わず、大きく資金を膨らましたいのか。投資信託でなく株式や債券やリートなら、半年か1年に1...
変化する勇気を!【年頭にあたり引用】09/16 00:00
自然界も社会も変化し続けてさました。 変化が無いところに、進化も進歩も発展もありません。 変化こそ全ての活力の源泉のような気がします。 ●変化が自然の理 ● 自然は常に変化しています 。宇宙規模の変化、地球の46億年にわたる変化、...
目のつけどころの鍛え方(14)09/15 05:00
今年の年末年始は、ちょっと「特別」だった。 何が特別かというと、いつもよりすこし「普通」だった。 もっとも「ハレ」の時である正月が、 めずらしく「ケ」にちかよった。 僕の側の家族で集まることもなければ、 どこかに旅行に行くこ...
18.金属研究成果普及の問題点09/13 07:00
 金属の研究では、悩みをかかえています。新素材の研究が終わっても、メーカーが作ってくれないとユーザーが使えないということです。メーカーが悪いわけではありません。ユーザーがどのくらいの値段と数量で買ってくれるかわからないまま設備投資する...
冗句、ユーモア、川柳、うた09/11 06:00
ファンドの選択基準(2)コスト(2)09/10 06:00
ファンドの選択基準(2)コスト(2) 近年ちょっと注意が必要な場合があります。少し話が難しくなりますが、海外市場に投資するファンドが増えてきて、中にはファンドがファンドに投資するケースが増えました。その両方に運用管理費用が掛かる場合が...
教養は人生の糧(3)09/09 07:00
人のO S は教養によって進化する すでに述べたように、人もコンピュータも、その行動(仕事)は、直接的にはアプリケーションソフトに依存しています。しかし、アプリケーションソフトはOSの下で動いていますから、その能力は、OSの機能と性...
目のつけどころの鍛え方(13)09/08 05:00
自分の興味の「外」を案内してくれる人といえば、 僕は囲碁仲間が思い浮かぶ。皆さんはどうだろうか。 趣味の世界は、上司部下といった「縦」、同僚友人といった「横」 の関係からはなれた「斜め」の関係ができやすい。 家庭でも職場でもな...
17.材料によるコストダウン09/06 07:00
 会社の情勢を良くするために、①製品開発と②コストダウンの二通りがありますが、今回はコストダウンを考えてみましょう。コストダウンの取組は、早い対応で、直接売上に反映されます。例えば、工場内の現状を細かく観察することにより、効果を出せま...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示