ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
表示すべき新着情報はありません。

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
「学」:国立研究開発法人物質・材料研究機構 博士(学術) 原 龍雄 様
「産」:京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
 元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様
「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
「士」:株式会社のぞみ総研 代表取締役 行政書士 今村 正典 様
 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2018/06/11

80周年記念会館竣工記念式挨拶より②(2000年10月13日)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

さて、当記念会館は、1階はコミュニケーションホールと名づけた「自由な情報交換の場」、2階のミュージアムは、「科学技術とのふれあいの場」として、本学の教官や学生が自作した作品を中心にした展示場になっております。3 階のフォーラム、この場所は、講演会、シンポジウム、会議などさまざまな小規模な催し物を開催できる「学術の社会貢献の場」であります。このようなユニークなコンセプトの基に、国際交流、今日は調布市の吉尾市長様にもご出席いただいておりますが、調布市を中心とする地域社会との交流、市民や子供達との交流、卒業生との交流、教職員と学生の交流など、幅広い交流の場として、有効に活用していきたいと考えております。

当館は、正門から一番近い本学の建物ですから、大学はどうも敷居が高くて入りにくいとおっしゃる方も、まずここに気楽にお立ち寄りいただければ、あとはスムーズに学内ヘアクセスできるのではないでしょうか。

このように、本学の新しい顔となる当会館に親しんでもらうため、「愛称」を公募いたしましたところ、多数の応募が寄せられ、その中から「リサージュ」に決定いたしました。リサージュは本学の校章にも使われております。

 


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年

コラム

 
表示すべき新着情報はありません。

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示