ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
MPO株式会社08/19 23:44
MPO株式会社 大学(医学部)シーズ・ニーズ集:MPO.pdf

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
「学」:国立研究開発法人物質・材料研究機構 博士(学術) 原 龍雄 様
「産」:京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
 元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様
「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
「士」:株式会社のぞみ総研 代表取締役 行政書士 今村 正典 様
 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2018/07/30

知野ボーダーレスの場②

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

真に「知のボーダレスの場」であろうとすれば、本学だけの活動では不可能です。本日は、他大学のセンター関係者や地域の皆様にもご参列いただいております。大学間の連携、地域や市民との連携など、幅広い柔軟な発想で社会と大学の連携を深めていければと願っております。

ところで、共同研究センターの式典にふさわしい記念講演をということで、本日は、失敗学の創始者として今はときめく畑村洋太郎先生をお招きしております。研究は失敗がつきものでわが、国立大学も法人化になって、自由度が増せば、失敗も増すに違いないのですから、失敗を生かす策をさずかりたいと思っています。

内輪のことではありますが、共同研究センターが今日を迎えることができましたのも、先輩のセンター長のこ苦労の賜物であります。鈴木、山藤、御子柴、三木歴代センター長に心から感謝申し上げます。

本学は、このたびの共同研究センターの10年に及ぶ学外との連携の実績を活かして、産学連携をいままで以上に充実させ、知のボーダレス場として一層社会から尊敬され、なくてはならぬ大学となるよう努力いたす覚悟であります。

最後に、もう一度、電気通信大学共同研究センターをご支援いただきました多くの皆様に、心からの感謝の意を表し、私の挨拶を終わりといたします。

ほんとうにありがとうございました。

共同研究センター棟増築竣工並びに共同研究センター創立10周年記念式典挨拶より

2003/06/08)


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年

コラム

 
電気通信大学の特徴をベンチャーに生かそう08/20 00:00
「ベンチャービジネス」を冠した研究施設が大学に設置されたことは、21世紀を間近かにして、日本の大学が大きな変革に踏み出した象徴的な出来事でした。大学と産業界がもっと歩みよらねば、大学の研究をもっと企業化に結びつけねば、日本の新しい産業...
受験生の諸君へ②08/13 00:00
「ユニークさ」を求める人、自分で世の中を変えてやろうと思う人、他人と違うことをやりたい人、そういう人は電通大で思い切り個性を伸ばしてください。 電気通信大学は、理工系のしかも21世紀にその中心となるべき先端科学技術を中心とする専門分野...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示