ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 

目のつけどころ

 
上智大学ソフィア会(同窓会)05/25 10:31
上智大学ソフィア会(同窓会) ASF2019「オールソフィアンズフェスティバル」 - 上智大学ソフィア会 5月26日(日)10:00から開催です。

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER2958

イベントのご案内

産金学官連携ポータルサイトコミュニケーション「場」Ⓡにおいて、イベントのご案内をさせていただきます。
情報収集の参考にしていただければ幸いです。
ご紹介等、ご希望の方は、対応させていただきます。

 

イベントの概要

イベントのご案内 >> 記事詳細

2019/05/22

―NIMSイブニングセミナーへのご案内― (5/31)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
平素より、物質・材料研究機構にご懇意いただき、ありがとうございます。 
当機構が定期開催しておりますNIMSイブニングセミナーについて、2019年度第1回のご案内を差し上げます。 

本年度は、「材料科学をリードするNIMS若手研究」と題して、若手研究者による 様々な新奇研究について、8回の開催を予定しております。年間予定は下記の詳細 ウェブサイトにてご確認ください。 

2019年度第1回の開催は下記のとおりとなります。 
参加をご希望の方は、下記ウェブサイトに掲載の参加申込書(Excel / PDF)をダウンロードして必要事項を記入のうえ、イブニングセミナー事務局までE-mailあるいはFAXでお申込みください。 
(NIMSイブニングセミナーについて初めての方は、ぜひ下記の詳細ウェブサイトをご覧ください。) 

本セミナーは物質・材料に関する高度技術者育成プログラムとして日本工学会の認定を受けています。仕事に役立てるためだけでなく、科学技術への関心や向上心をもたれる方が継続的に参加されることを歓迎いたします。 

―2019年度第1回NIMSイブニングセミナー開催要領― 
講義題目:「二次電池高性能化のための、データサイエンスに基づいた 
      ハイスループット電解液探索システム」 
講  師:松田 翔一 
     (エネルギー・環境材料研究拠点 二次電池材料グループ 主任研究員) 
開催日時:5月31日(金) 講義 17時30分~18時30分 
              ゼミ 18時30分~19時30分 
開催場所:東京国際フォーラム(有楽町) ガラス棟6階G602会議室 
詳細ウェブサイト:  
講義概要: 
 電気自動車や自然エネルギー活用のための、エネルギー密度・寿命・安全性のより高い蓄電デバイスの実現が強く期待されています。代表的な蓄電デバイスである 
リチウムイオン二次電池は、電極活物質や電解液といった数多くの要素から構成される多成分系であり、そのような高い電池特性を実現するためには、様々な構成要素の最適化が不可欠です。講義では、そのひとつである、データサイエンスやハイスループット測定を用いた蓄電池材料開発について紹介します。 
以上、参加をご検討いただきたく、よろしくお願い申し上げます。 

NIMSイブニングセミナー事務局 
<evening-seminar@nims.go.jp
01:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

カウンタ

COUNTER10380

コラム

 
エリートたれ!2001.3.23.(1)05/27 07:00
エリート意識を胸に秘めよ 「エリート」という言葉はいまさら説明を要しないと思いますが、念のため国語辞典を引いてみました。「選り抜きの人々」、「社会や組織の指導的地位にある階層・人々」、「選良」とあります。英和辞書を引くと、eliteと...
1.ニムスについて05/24 07:00
ニムスは、つくばにある国の研究所です。大学と異なり材料のみを研究する世界で唯一の公的研究機関です。材料の研究とはどういうことでしょうか?私はこの研究所にある研究設備を皆さんに使って貰おうという部署の窓口をしている原龍雄と言います。材料...
知的資本主義の時代(1)  宗定 勇様05/22 07:00
知的資本主義の時代(1) 今日、IoT,AI、第4次産業革命が喧伝されている。その濫觴は、20世紀前半にイノベーションを初めて経済理論化したシュンペーター(「経済発展の理論」など)であろう。 ハーバード大クリステンセンが「イノベーショ...
1.実体験による知的体力を!(2)梶谷誠 先生05/20 17:00
前述では、わざわざ実を付して実体験と書きました。最近は、バーチャル体験(虚体験?)も多くなっているからです。本で読んだことだけや人から聞いたことだけを頼りにして分かったような気になること、コンピュータが作り出す映像を見てそれが現実と思...
物質・材料研究機構 原龍雄 様のご紹介05/17 07:00
コラムをご担当いただきます、原 龍雄 様のご紹介 元国立研究開発法人物質・材料研究機構 博士(学術) 原 龍雄 様 略歴 ①1975年京都工芸繊維大学卒、同年神鋼フアウドラー入社。化学反応器用耐食材料としてグラスライニングの研究。神戸...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示