ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 

目のつけどころ

 
ジェトロ中小企業等外国出願支援事業(6/24~7/29)07/15 08:35
〇募集中です。
ものづくり匠と技の祭典(5)07/10 00:28
「ロボット化石製作」体験 ロボ化石について、化石とロボットを見ながら、構造の秘密を比較解説します。ロボ化石と同じ構造のペーパークラフトを作って、ものづくりにつながる構造を考えます。 希望者にはロボ化石の操縦体験もできます。 ワークショ...
ものづくり匠と技の祭典(4)07/09 00:18
「ゴム鉄砲製作」体験 ゴムの張力の原理を簡単に学習しながらゴム鉄砲の製作を体験できます。
ものづくり匠と技の祭典(3)07/08 00:23
「カヌーVR」体験 VRで本物のカヌーに乗っているような体験が可能です。
ものづくり匠と技の祭典(2)07/07 00:16
「ミニアーチェリーづくり」体験 バネの弾性エネルギーの原理を簡単に学習しながらミニアーチェリーの製作を体験できます。

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER14000

イベントのご案内

産金学官連携ポータルサイトコミュニケーション「場」Ⓡにおいて、イベントのご案内をさせていただきます。
情報収集の参考にしていただければ幸いです。
ご紹介等、ご希望の方は、対応させていただきます。

 

イベントの概要

イベントのご案内 >> 記事詳細

2019/07/04

企画展「マンモス展」-その『生命』は蘇るのか-

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
企画展「マンモス展」-その『生命』は蘇るのか-

会期 2019年6月7日(金)~11月4日(月・休)
開館時間 10:00~17:00 ※入場は閉館時間の30分前まで
開催場所 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン
主催 日本科学未来館、フジテレビジョン、読売新聞社
特別協賛 家庭教師のトライ
協力 ロシア連邦サハ共和国、サハ共和国科学アカデミー、
ロシア北東連邦大学北方応用生態研究所、近畿大学生物理工学部、
近畿大学先端技術総合研究所、野尻湖ナウマンゾウ博物館
後援 文部科学省、東京臨海高速鉄道、ゆりかもめ、BSフジ

入場料 大人(19歳以上):1800円 (1600円)中人(小学生~18歳):1400円 (1300円)
    小人(4歳~小学生未満):900円 (800円)


10:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 産学官

カウンタ

COUNTER49514

コラム

 
知的資本主義の時代(8)②07/17 07:00
ハイコスト先進国企業が知の力を資本とする経営戦略には次の(1)~(5)のマーケッティング戦略によるビジネス・モデル構築が考えられる。 (1)必需品又は便益品をローコスト途上国で生産し、ハイコスト先進国市場防禦 (2)必需品または便益品...
失敗する経営者の共通点 9つ07/17 06:00
投資信託の魅力(2)07/16 06:19
投資信託の魅力(2) 投資信託は多くの金融商品の中で最も優れていると思っています。その主なポイントは、 ①基準価額(時価)が毎日公表されていること(制度化されている) ②年1回以上決算があり運用内容が個別に送られてくること(制度化され...
21世紀の新しい大学を電通大から!(2)07/15 07:00
大学の機能と性能が問われている 大学の使命が、「知の場」としてのインフラであるべきことは、大学人はもちろん、社会共通の認識であることは前述した通りです。問題は、使命を果たすべき機能が十分に備わっているかどうかが問われているので す。さ...
目のつけどころの鍛え方(5)07/14 05:00
目のつけどころを鍛えるには、「違和感を根に持つ」といい。 そうするには「言葉に敏感になる」といいと前回つたえた。 くわえてひとつ大事なことがある。 それは「調べない」ということだ。 なーんだ、そんなことかと思った人のなかに こ...
8.実物を見る:千現地区見学07/12 07:00
 これは、千現地区の研究所。千現では、金属材料を、原料から溶解、加工して試験片を作成し、分析し、組織を観察し、性質を測定する、という一連の工程が整備されています。もちろん金属以外の材料も全て取り扱っています。皆さんは、材料以外の問題解...
知的資本主義の時代(8)➀07/10 07:00
今回は、第三次産業化とく時代の流れがテーマである。経済の発展段階を大雑把に見ると、(1)圧倒的に第一次産業中心の農業社会、(2)ロストウの言うtake-offの産業革命がもたらす第二次産業躍進の時代、そして(3)衣食住の量的充足が達成...
「人脈の達人と考える自分の人脈」07/10 06:00
「第一次ベンチャーブームの時代を支えてこられた方々」  日本において、1970年代は第一次ベンチャーブームの時代といわれています。  その時代にベンチャーの旗手としてその中心で活躍された経営者の方、また、そのベンチャーを金融の面で支...
投資信託の魅力(1)07/09 06:16
投資信託の魅力 手元のお金をいくらかでも有利に運用したい。あまり危ない事はしたくないが、ただ置いておくだけでなく、薄利な預金では物足りないし、日常の繰り返しの中で活かせる資産運用をしたい。その様な考えをお持ちなら、その有力な手段とし...
21世紀の新しい大学を電通大から!(1)07/08 07:00
戦後の学制の大変革で、中央無線講習所から電気通信大学へ 昇格して半世紀余が経ちました。そして今、国立大学は、戦後最大の変革の岐路に立っています。独立法人化については、松澤先生が分かり易く解説してくださっています。私は、この流れの中で、...
目のつけどころの鍛え方(4)07/07 05:00
  流れゆく情報の海の中でふと立ち止まり考える。 こんな癖をつけるには、自分のなかに生まれた違和感を 根にもつといい、という話を前回した。 「あれっ?」を増やすのにひとつお薦めの方法がある。 言葉に敏感になることだ。 朝起...
7.実物を見る:並木地区見学07/05 07:00
 これは、並木地区の研究所。並木では、様々な材料を取り扱っています。新しい材料の研究をしていますが、重要なことは、その作り方です。作っているところを見学することができます。また材料の分析や観察を行ったり、性質を調べたりしています。皆さ...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示