ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
株式会社システムブレイン11/06 23:31
皇居で施工実績、 ――物件価値を高める洗浄&コーティング(ナノメンテSB工法) 不動産投資&マネジメントフォーラム2019 へ、出展されています。
フィボナッチからフラクタルへ10/28 23:20
工業デザイン@コンシェルジュ 工業デザイン&デザインコンサルタント・野口英明のブログ。製品は企業からのメッセージ、製品を通じてユーザーに語りかける、売れる製品とは?数々の経験から企業活性化の糸口を探ります。 フィボナッチからフラクタルへ
写真の早慶戦(10/17-10/23)10/05 20:49
良きライバルの早稲田大学写真部と慶應義塾大学カメラクラブのOB・OGが写した14回目の写真展「伝統の早稲田力と若き血の慶應力」写真の腕で「早慶戦」を闘う120点の力作を展示
RICOH Future House09/24 05:39
RICOH Future Houseはみなさんと協力しながら明るい未来に向かうためのアイデアをひらめき、海老名から新たなモノ・コトを作り出していくための施設です。 【施設のご紹介です】
東京都 よろず支援拠点209/21 05:43
東京都 よろず支援拠点 コーディネーターの方々

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER28945

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
【月曜日】「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
【火曜日】「金」:元みずほ投信投資顧問磯(株)磯上 壮太郎様
【水曜日】「産」:元京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
    元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様(終了)
【木曜日】「金」:元新日本証券(株)知久 信義 様(終了)
【金曜日】「学」:元国立研究開発法人物質・材料研究機構 
博士(学術) 原 龍雄 様
【土曜日】「碁」:株式会社 石音 代表取締役、一般社団法人 全日本囲碁協会 理事 根本 明様(終了)

 
ご質問、ご紹介等を希望される場合、以下よりお問い合せください。

 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2019/08/13

投資対象の主な特長を知ろう(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

投資対象の主な特長を知ろう(2

債券は100円(元本)を基準に定期的に利息が付くイメージです。定期預金のイメージですが、債券はいろいろな種類があり、どうしても金利がやや高めのものに着目することになります。一般的に金利が高めになれば、リスクも高まることになります。その目安として格付けがあります。それ等の情報を活用し、有力な債券を見出すことが専門家(運用する委託会社)の腕になります。出来るだけリスクを小さくする組み合わせを検討したり、買い方を工夫したりします。債券の場合、預金と違い流通の過程(5年満期の債券ならば、その5年間に売買されます。)で元本部分が変動し、100円を割り込むことがあります。そこは基本的に知っておく必要があります。

リートですが、簡単に言えばそれ自体不動産投資信託証券と言う投資信託です。しかし、ここで話題にしている投資信託と違い、株式のように取引所で売買される投資信託です。また、不動産のみを投資対象としていることで独特の動きをします。順調に行って入る時は、預金などよりは高い金利が期待できる商品ですが、不動産そのものの動向に伴って株式のような大きな変動をする場合もあります。不動産の市場動向が大きな判断材料になります。また、金利も大きく影響します。

為替ですが、基本的に成長はありません。循環しているイメージですが、水準が変わると言った局面があります。(ユーロはスタート時点から、短期間で1.5倍になった時期がありました。)一国対一国の関係(多くは日本とある国)ですので、その事情は様々です。短期間での変動幅は時として株式や債券より大きくなることがあり、十分注意が必要です。成長が無いと言う観点からすればうなずけますが、為替だけを投資対象にするファンドは殆どありません。投資信託の多くは長期の運用を目指しています。従って為替は馴染まないのですが、多くの投資信託は株式、債券やリートとの組み合わせで活用されます。最近は通貨選択型ファンドのようなより踏み込んだ商品があります。為替取引の原理を利用した投資方法ですが、よりリスクが高まる場合もあり、(後述します)十分注意が必要です。

ここまでぼんやりではありますが、投資信託の運用がどのようなものを投資対象として、どのような観点で投資成果を上げようとしているか、お分かり頂けましたでしょうか。まだ十分とは言えませんが、徐々に固めて行きたいと思います。


06:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 投資信託の実践活用

カウンタ

COUNTER156926

コラム

 
個別元本を理解しよう(1)11/12 00:00
個別元本を理解しよう(1) 少し難しい話です。一般的に投資信託の多くは追加型であり(他に単位型があります。)、原則何時買うことも、何時売ることもできます。ファンドのスタート時点では、1口1円(=1万口当たり1万円)だったものが、日々相...
学長(学 長顧問)に聞く(5) 11/11 00:00
電気通信大学は社会とどう関わるか Q:これまでのお話を伺っていると、大学の運営をしてゆく上で大学トップが社会状況をどう判断しているのかが、ますます問われる時代になっているようですね。それに関して、梶谷学長は現在の社会状況をどうこら...
26.こんな分析ができる11/08 07:00
 身近なもので、分析を説明しましょう。皆さんがよく見るコンピューターなどの配線。写真と重ね合わせてみるとわかります。サンプルを持参すれば結果を図解してくれます。例えば20センチ×10センチとか結構大きなサンプルでも可能です。
投資信託説明書(交付目論見書)の見方(4)11/05 06:00
投資信託説明書(交付目論見書)の見方(4) 手続・手数料等・・・ここの項目は全て大事ですが、特に大事なものを記述します。まず信託期間は確認しましょう。多くのファンドは補足的に設定日を記載しています。設置されて何年経過しているのか、知っ...
学長(現 学長顧問)に聞く(4)11/04 00:00
Q:これまでは大学をどちらかというとか外らの視点でお話いただきましたが、大学は部内に大きな組織を持っています。法人化の波見に舞われていくなかで、大学内部の教職員へはどのような期待をお持ちですか? A:大学は、教職員と学生と卒業生、それ...
25.原子を観る11/01 07:00
 宇宙を観察する望遠鏡には、限界があります。遠い星は、やはりロケットで飛んでいかないと見えません。しかし材料の観察は、最小単位の原子まで観察可能な時代となりました。ニムスには、色々な種類の電子顕微鏡があり、開放しています。原子が1個ず...

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示