ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > コラム 

目のつけどころ

 
FOREMAR試聴スペース・オープン06/10 05:59
6月より、市ヶ谷のPEACEisGalleryにて、試聴スペースをオープンいたしました。 試聴日時 金曜日:17:00~22:00土曜日/日曜日:13:00~20:00※この時間帯はご自由にお越しください。〇PEACEisGaller...
■SHUKNOVAホームページ 06/09 05:50
■SHUKNOVAホームページ 2FのMIHARASHI TERRACEには、こだわりの屋外家具や、3Dプリンターで一体成型した次世代スピーカー「FOREMAR」※を設置し、寛ぎの空間を演出しております。 ※FOREMARは、アモ...
新宿中央公園交流拠点施設「SHUKUNOVA(シュクノバ)」06/08 05:44
新宿中央公園交流拠点施設「SHUKNOVA(シュクノバ)」が、 新たに整備された芝生広場と共に、2020年7月16日(木)に開業します! 詳細についてはこちらをクリック!
続化給付金の申請要領(速報版)の公開について04/28 20:30
=============================== 1.持続化給付金の申請要領(速報版)が公表されました =============================== 持続化給付金の申請要領等の速報版が経済産業省HPで公...
3月1日(日)テレビ朝日サンデーLIVE!!で国産アチ...02/28 16:01
3月1日(日)朝5:50から放送のテレビ朝日:サンデーLIVE!!「東京応援宣言」で、株式会社西川精機製作所が開発をしてまいりました国産アーチェリーが放送されました。 サンデーLIVE!! 東京応援宣言 3月1日(日)あさの #TOK...

イベント・カレンダー

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

カウンタ

COUNTER67513

コラムについて

 産金学官士連携活動に関連した事柄について、各界の方へ寄稿をお願いいたしました。さらに、詳しく確認されたい事、ご意見等ございましたらコメント欄に記入いただければ、コラムニストの方にご対応いただきます。
コラムニスト
【月曜日】「学」:電気通信大学 前学長 学長顧問 梶谷 誠 先生
【火曜日】「金」:元みずほ投信投資顧問磯(株)磯上 壮太郎様
【水曜日】「産」:元京都大学産官学連携本部(産官学連携センター)特任教授
    元 三菱化成工業㈱(現三菱化学㈱)知的財産部長、執行役員 宗定 勇 様(終了)
【木曜日】「金」:元新日本証券(株)知久 信義 様(終了)
【金曜日】「学」:元国立研究開発法人物質・材料研究機構 
博士(学術) 原 龍雄 様
【土曜日】「碁」:株式会社 石音 代表取締役、一般社団法人 全日本囲碁協会 理事 根本 明様(終了)

 
ご質問、ご紹介等を希望される場合、以下よりお問い合せください。

 

コラム1

コラム >> 記事詳細

2019/08/05

組織に埋没するなかれ!(1)

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
    
卒業生、修了生の皆さん、長年の研鑽に敬意を表し、心からお祝いを申し上げます。縁あって、電気通信大学の一員になった皆さんが、それを誇りに思ってくれたなら、こんなうれしいことはありません。もし、未だそのような気持ちになれないなら、なるべく早いうちに、もう一度本学に戻って来てください。あなたと本学との貴重な絆は残っています。
何はともあれ、一区切りを終えるこの機会に、自分の生き方をゆっくりと考えてみることをお勧めします。そのヒントになればと、最近私が思っていることをささやかな餞別として送ります。
組織がからまる現代社会
文明の進歩、発展とともに、社会は巨大化、複雑化し、さまざまな組織(社会システム)が生まれ、組織と組織の複雑な相互作用が社会を動かし ています。
国家、地方自治体、官庁、企業、教育機関、学会、同窓会、自治会などおよそあらゆる社会活動は何らかの組織の下に行われています。私一の日は、朝起きて新聞を読むことから始まりますが、新聞は新聞社という組織で制作されたものです。妻が作る味噌汁とこはんで済ます朝食は、幸にも組織活動ではありませんが、出かけるときに挨拶をする管理人さんは、管理組合という組織が雇用した人です。駅までの道は、市の道であり、利用する電車は株式会社の経営です。私が勤務する大学は文部科学省という国の行政機関の一部です。ここで私は、国の法律で定められた国立大学という枠組みの中で、大学が定めた規則などの約束事や長年の慣習の範囲で、大学の運営にかかわる活動をしています。
ほとんどの皆さんは、これから、どこかの組織の一員となり、その組織の目的遂行の一部を担うことになるのです。そこでは、「組織の論理」とぶつかり、葛藤する日々を送ることになるに違いありません。

07:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 研究者と技術者の狭間で35年

カウンタ

COUNTER334785

コラム

 
表示すべき新着情報はありません。

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示