ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > 「プロジェクト 桜 」シンポジウム【11月1日(水)】 

目のつけどころ

 
東京高専の産業技術センター 技術相談01/16 00:00
〇参考:2018.1.16.東京高専 産業センター 技術相談.pdf
近畿大学リエゾンセンター 東京オフィス01/15 00:00
〇参考:2018.1.15.近畿大学リエゾンセンター.pdf

利用機関

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

「プロジェクト 桜 」

「プロジェクト 桜 」
2017/11/27

えどがわ区民ニュースで、放送されました。

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

オリンピック・パラリンピックに向け、区内のものづくり企業が連携・協力し、競技用具の開発を目指す取り組みMade in Edogawa ものづくり推進プロジェクト。現在、純国産アーチェリーの復活に向けた取り組みが進んでいます。今回は開発メンバーの皆さんによる現況報告として開催されたシンポジウムの様子をご紹介します。

20:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/11/05

【お礼】100人を超えるご参加をいただき、盛会となりました。

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者

開発中のアーチェリー弓具を持っての記念撮影です。

この度は「平成29年度Made in Edogawaものづくり推進プロジェクト」シンポジウムにごご参加いただきありがとうございます。
おかげ様で、100名を超える参加があり、盛会のうちに終えられましたこと、深く御礼申し上げます。
これからも、「プロジェクト 桜 」では、純国産アーチェリー弓具の開発に向けての活動を展開してまいる所存です。
現在開発中のものに改良を加えて来春までに試作品一号モデルを開発し、フィールドテストを開始する予定です。
進捗状況につきまして、改めて、皆様方に発表させていただく機会があるかと思いますが、その時にはまた、ご参集いただければ幸甚です。
以上、今後とも「プロジェクト 桜 」に対するご支援のほどをよろしくお願いいたします。
「プロジェクト 桜 」メンバー 一同

13:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2017/11/01

プレスリリース

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者
「プロジェクト 桜 」~純国産アーチェリー弓具の復活~
2017.11.1.シンポジウム プレスリリース.pdf


15:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

「プロジェクト 桜 」~純国産アーチェリーの復活~

  
「平成29年度Made in Edogawa ものづくり推進プロジェクト」シンポジウム
「プロジェクト 桜 」~純国産アーチェリーの復活~
江戸川区のものづくり企業の力で純国産アーチェリーが復活!東京オリンピック・
パラリンピック2020大会へ向けて、「ものづくりとアーチェリーの街 江戸川」への
挑戦が始まります。
日時:平成29年11月1日(水)15:00~17:30(開場;14:45~)
会場:タワーホール船堀:2F瑞雲の間 
    住所:東京都江戸川区船堀4-1-1 Tel: 03-5676-2211
    ※都営新宿線:「船堀駅」改札を出て右の正面 アクセス
参加費:無料
申込申込フォーム ←(参加申し込みはこちらから)
※記載いただいた個人情報はシンポジウムに係る参加者名簿の作成・当プロジェクトからの講演等の
 ご案内以外には使用いたしません。
                           式  次  第
15:00~15:05 主催者挨拶 株式会社西川精機製作所 代表取締役           西川 喜久
15:05~15:25 基調講演 
  「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域の活性化」
        経済産業省関東経済産業局地域経済課長              長嶋 繁 
15:25~15:45
          「アーチェリー矢の命中精度を高めるために:産学連携に向けての課題」
15:45~15:55ものづくりイノベーションに関する取組み」
        公財)東京都中小企業振興公社企画課特命担当課長     大場 順二   
15:55~16:05
           「平成29年度Made in Edogawa ものづくり推進プロジェクト」
                       江戸川区役所生活振興部 参事                                        彦田 義敬
             (司会:株式会社都市計画同人;藤井 元斗)  
16:10~17:00 パネルディスカッション
 テーマ:「プロジェクトSAKURA」~純国産アーチェリーの復活~
《モデレータ》    株式会社石音 代表取締役                                       根本 明
《パネリスト》    株式会社西川精機製作所 代表取締役                 西川 喜久 
                            
                             株式会社秋東精工            代表取締社長     柴田 忠利
                             株式会社田島製作所   営業開発部 取締役 部長  田島 正一
         株式会社折井電装               代表取締役                        折井 政仁
《コメンテーター》 電気通信大学授 社会連携センター長                          宮嵜 武 教授
17:00~17:05 閉会の辞 株式会社秋東精工 代表取締役社長               柴田 忠利

17:05~17:30 質疑応答等

 

コラム

 
教養は人生の糧(5)01/15 07:00
コミュニケーションが教養の要 電気通信大学は、2 1 世紀を「人々が心豊かに暮らせる社会」にすべきであるとし、「高度コミュニケー ション社会」と名付けました。先に述べた「生きがい」 は「心豊かな人生」と言い換えてもいいかもしれません。...
知的資本主義の時代(9)➀01/09 17:18
資本主義の歴史を辿ると商業資本主義→産業資本主義→金融資本主義という図式に要約できる。しかし、現代先進国において、金融資本が新しい社会を創造しているとか近い将来そうなるとかいう感覚は持てない。しかし、人類は地球環境悪化、資源枯渇、人口...
教養は人生の糧(4)01/08 07:00
教養は楽しみながら 先に触れた中教審の「新しい時代における教養教育のあり方について」では、教養の概念を次のよ5うな項目に整理しています(内容を簡略化して記す)。 ア)「知・徳・体」、「知・情· 意」 イ)社会とのかかわりの中で必要な...

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示