ログイン 
閉じる
産金学官士連携ポータルサイト コミュニケーション「場」(R)
 
トップページ > 「目のつけどころの鍛え方」セミナー(第2回)【6月26日】 

目のつけどころ

 
表示すべき新着情報はありません。

WEB展示会

バーチャルツアー:宇和島パールデザインコンテスト
 

「目のつけどころの鍛え方」第2回 セミナー風景

 

セミナー風景 (東瀧氏との対談)

 

「目のつけどころの鍛え方」セミナー第二回

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

「目のつけどころの鍛え方」セミナー第2回(6月26日)



    目つけどころの鍛え方」セミナー(第2回)
      -「世代を超えた交流から学んだこと」-
講師:石音 根本 明 (セミナー開催の挨拶動画)
 株式会社ユピア設立1年を期して、5月から5ヶ月連続で5回、「目のつけどころの鍛え方」セミナーを開催いたします。 
 毎回、「目のつけどころ」をかえて、根本様からご講演いただく予定です。
 第2回の開催は、以下の通りです。是非、ご参加ください。お待ちしております。

開催日時:6月26日(月)19:00~21:00 (開場:18:30)
参加費無料
場所
 3×3 Lab Future  
    東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階 アクセス
主催株式会社ユピア
協力:日本生涯現役推進協議会 / 株式会社石音 
   撮影協力:3×3Lab Future 
   Flyer協力:CATALYST合同会社
申込申込専用フォーム ←(参加申し込みはこちらから)
※ご記入いただきました個人情報は、適切に管理し、本事業の目的以外には使用いたしません。
お問い合わせ 電話:03-5304-5724(担当:向井)

第1回セミナー風景 (←当日の動画)
************************************************************************************************

あなたは「目のつけどころがいいね」と言われたことはありますか。

考え方や行動など、実際には目がつけられないものへの評価として

しばしば登場する「目のつけどころ」。

正解不正解の世界ではなく、自分で評価するものでもなく、

他人が驚きながら共感して初めて浮かびあがります。

今回は「世代を超えた交流」から目のつけどころの鍛え方を

さぐります。

世代を超えた交流をどう実現させればいいのか。

そこから何を学ぶのか。

そしてなぜ「目のつけどころ」が鍛えられるのか。

後半では、「生涯現役」という言葉を32年前に生みだした

東瀧邦次氏(日本生涯現役推進協議会代表 81)と、

世代を超えて引き継ぐべきもの(:世代遺産)について

対談します。

座談会形式で、皆様といっしょに新しい気づきを

生みだしていくのを楽しみにしています。


<根本明 プロフィール>

 1970年東京生まれ 

 ()石音代表取締役

 一般社団法人)全日本囲碁協会理事
  NPO法人)ライフ・ベンチャー・クラブ理事

  上智大学経済学部卒。
 日商岩井(現双日)
()、イービストレード()を経て独立。

 20057月、業界唯一のプロフィール公開囲碁サイト『石音』運営開始。

 囲碁界の伝道師として囲碁に縁遠い若者・女性への囲碁普及に奔走する
 と同時に
千人以上のシニアにパソコン操作、囲碁指導を行う。

 「囲碁の教え方」や「囲碁と経営」、「囲碁的タイムマネジメント」

 「伝える力」などユニークなテーマの講演を実施。

 最近は「あなたには何歳年上の友人がいますか」と問いかけて、

 世代を超えた交流の楽しさをテレビ・ラジオ・新聞などマスコミを通じ
 て
多く発信している。 

 <著書>

 『目のつけどころはシニアに学べ』 (201511月 平成出版)

 <連載>

 『シニア友人帳』(201610月ー20174月)

 (西日本新聞・山陽新聞・京都新聞・岐阜新聞・陸奥新報・釧路新聞)


 

コラム

 
表示すべき新着情報はありません。

ログイン


新規登録
 

アクセシビリティ

文字サイズの変更 元の大きさに戻す







行間の変更 元の広さに戻す
表示色の変更
ルビの表示